散文小径

小説家です。時代小説を執筆しています。皆さまのご声援に支えられて描いております。よろしくお願いします。

白状

白状します。
メカ音痴です。
白状します。
ビスタの人です。
いろいろ試みているけど、移設が大変で悲鳴を挙げています。
メカに強い人を尊敬します。
パソコンの移設が出来ないと、blogが放置されてしまいそうで、恐いです。


参った
  1. 2017/04/05(水) 22:53:14|
  2. 閑話休題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4月最初の遠吠え

ありがとう。
これまで、いろいろとありがとう。
生温かい目で導いてくれて、ありがとう。

本日、筆を置きます。

……です。4月1日の黒い冗談です。





寒い冗談はさておき。
4月といえば、学校でいえば新学期。新しいことを考えていかなければいけません。
夢酔のギアを上げ、もう一段、ステップアップするためには何が足りないのでしょうか。このテーマに自問自答しています。先月からは短編をコツコツ仕上げて、週に幾度も持込を敢行しています。あいにくと一社たりとも返事がございませんが、ここに答えがあるのですね。うちで扱うには及ばないよ、ということなのです。
紹介があれば近道でしょうか。
そういうお声も頂きました。そうですね、そういうこともあるでしょうね。
でも、きっと足りないものが未だ多いのです。

無駄に年ばかり重ねている場合じゃありません。

運などと、不確かなもののせいにしても仕方がない。運も実力のうちです。

ブレてはいけないことは
「何のために、この作品を描くの?」
という土台です。
これを見失うときが、本当の意味で、おしまいなのかも知れません。
所詮は綺麗事ですね。なりふりなんか構っていられないのに、こだわりを持っている。
是か非か、こればかりは善い悪いの答えが無限です。

十人十色。
夢酔の声に頷く奇特な方、首を振る現実的な方、一笑で捨て置く常識的な方。
十人十色です。




  1. 2017/04/01(土) 07:34:29|
  2. 閑話休題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3月最後のぼやき

あっという間に正月から3が月が経ちます。
つい先だってに大月で講演したときだったのに。

流れる時間の速度にふりおとされないよう、必死です

ここ1ヶ月ほど、新作を上げては色々なところへ持込を続けております。
全社ともリアクションがなく、もう少し待つべきかポイされたものか、なかなか見極めが出来ません。
とまれ新しい作品のストックを持つことは、大事だなと感じております。
持込をしてすぐにリアクションを頂き、もうかれこれ10年近く、日頃よりお世話になります房州日日新聞社のようなケースは稀です。こういう稀なる出会いを引き寄せるため、日々の精進を怠ってはいけないですね。

花粉が多くなると、夜が眠れません。
寝られないから原稿をいじって睡魔を待つ。
そして新聞配達のバイク音に驚かされる。
春眠暁を覚えずという言葉に縋りたい今日この頃でございます。







  1. 2017/03/31(金) 05:35:46|
  2. 閑話休題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ