散文小径

小説家です。時代小説を執筆しています。皆さまのご声援に支えられて描いております。よろしくお願いします。

鑑賞

平成30年1月13日(土)。
昨日、新選組のふるさと博物館で天然理心流の演武を拝観してきました。
DSCF8739.jpg

観客さんの体験演武があり、ガキがやりたいといいながら土壇場でおじけづいたから、代わりに参加してみました。
が。
いやあ、頭と身体の動きは一致しません!
(o゚□゚)o≪≪≪ワアァァァァァァッ!!((((;゚Д゚)))))))(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?
井上館長、色々とお気遣い頂きまして、ありがとうございました。










戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。


公式HPはこちら里見氏大河ドラマ化実行委員会

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
  1. 2018/01/14(日) 11:09:24|
  2. 閑話休題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

φ(^▽^)

毎月、第1・3日曜日は、日野の新選組関連の資料館が開館します。
今年最初の開館日は1月7日(日)。
井上源三郎資料館に足を運びました。
180107_115718.jpg
2018年、夢酔は新選組からスタートです。

ここで昨年からのお仕事を振り返ってみよう。
いろんなこと、したな。
「秋の幻」房州日日新聞連載、8月で終了。
「高野山1654」これは「秋の幻」の後日譚短編。全国里見一族交流会会報ならびに高野山真言宗妙音院HPに掲載されました。
「小田原征伐の是非―里見義康の決断―」これは「夏の波濤」の再構成版。曹洞宗藤谷山慈恩院HPに掲載されました。
「吉田始」こちらは講演用に期間限定でここで公開しましたね。
「郡内おやまだ散歩のお誘い」おかげさまでフジマリモに月イチ掲載中です。
歴史研究ではおかげさまで「武田二十四将考」「小弓公方の女たち」「悪党、一世風靡」「歌詠み婆、京都へ」の4本を掲載しました。
「里見の関ヶ原」は南房総朗読の会用の書下ろしです。
「泰助の記」は元日より井上源三郎資料館HPに掲載されています。
南房総情報誌NNBに年明けからエッセイが載ったそうですね。本人、まだ観ていません。
「堀村の空 -里見忠義哀歌-」館山と倉吉の朗読用に年明けに書き下ろしました。

今年はもう少し人間らしい作品を描けるといいですね。
人間らしい生き方をしないと、描けなくなりそうです。
人間らしいって、なんでしょう。
少なくとも腹の底から笑える生き方を目指してみよう。きっと、まだ笑えていないんだと思う。











戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。


公式HPはこちら里見氏大河ドラマ化実行委員会

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
  1. 2018/01/08(月) 18:30:16|
  2. 閑話休題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(*゜▽゜ノノ゛☆

明けましておめでとうございます。
maturi-35-5.jpg
初夢をみました。
トイレを綺麗に維持するよう神に啓示されたので、今年はキチンと守ろう。これは整理整頓、整然整理すべてに共通する、極めて地に足の着いた初夢であったかなとも感じる。

さて。
2018年、世は明治150年を声にする。
しかし明治だけに浮かれておりませんか?
明治元年は、同時に慶応4年でもある。いきなり、本をめくったように、世の中がチェンジするわけがない。
150年前の今日、何が起きていたかを思い出してごらん。
ほら、鳥羽伏見の戦い
徳川の側にとって、まだ負ける要因を微塵も感じていないのでしょうね。150年前の彼らは、きっと〈正義は我にあり〉という信念さえ抱いていた。だって、討幕派の行動理念は〈テロル〉そのものだった。そして、勝てば官軍の理屈で、明治新時代に至るのですもの。

夢酔は時代劇でいう勧善懲悪は、現実にはないものと思っている。
だからこそ、時代劇は大人のお伽噺でしかない。
鳥羽伏見の合戦経過は、勧善懲悪とは程遠かった。

そんな想いで、明治150年を慶ぶ反面、転ばされた側の150年も痛いほど感じてしまうのが、夢酔なのである。

暮れに吉報を承りました。
元日、実現を目の当たりにしました。
新選組6番隊組長井上源三郎一族の末裔が日野におられます。月に2度、自宅に設けた資料館が開館されます。皆さんはお伺いしたこと、ありますか?
井上源三郎資料館
今年、こちらのホームページで作品を載せて頂けました。有難いことです。鳥羽伏見150年の想い、多摩瓦解150年の想い、夢酔流に綴りました。

初夢からトイレになって鳥羽伏見150年。
支離滅裂な新年のはじまりです。

みなさま、本年もよろしくお願い申し上げます。









戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。


公式HPはこちら里見氏大河ドラマ化実行委員会

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
  1. 2018/01/02(火) 10:43:18|
  2. 閑話休題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ