fc2ブログ
2024-03-11

槇の会

ただいまnote と X(旧Twitter) にチャレンジしています。
まだ不慣れです。情報拡散に、このブログ弱いですからね。
優しいフォロワーが大勢おられることを感謝申し上げます。


三本の新聞連載が、おかげさまで令和6年の活動始めを支えております。 多謝☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆。
「真潮の河」房州日日新聞
「満洲-お国を何百里-」南信州新聞
「千人同心がゆく」西多摩新聞 ※令和薫名義


2冊の新刊が幸先ダッシュしております。
「御所車-知久太平記-」つむぎ書房
「梅の花の咲く処」西多摩新聞出版


小山田信茂公顕彰会の意例会イベントはX(旧Twitter)でたくさん紹介されておりますので、このブログでは
滞りなく文化的に完了しましたことをご報告します。


今回は、槇の定例報告。

2024年は持ち回りで司会を賜るとのことで、2024年3月10日(日)。当番、頂きました。
本日は諸事情でお休みの方も多く、それでも8名参加でありがたいと思いました。
正直なところ、司会の進行は予定とイレギュラーのすり合わせ。角が立たずに回していく処が難しい。勉強させて頂きました。

PXL_20240310_034852590.jpg

昨日、司会特権で口にしました。
合評でぶつけられる「その作品の厳しい指摘や、手法や技法などに辛口なのは、決してダメ出し追及」をそのまんま受け取らないで。その厳しさの裏返しを感じて欲しい。
ここを忘れると、自分の作品愛ゆえに
「じゃあ、辞めます!」
になっちゃいます。
それでは切磋琢磨にならず、同じジャンルだけの秘密結社になってしまう。自分に描けないジャンルを描く人がいるからこそ、そこから発見をできるし、上手な人のテクニックを盗んだりできる。
馴れ合いよりも刺激を……!
これこそ、贅沢な時間の使い方ではないでしょうか。
そして、手法のひとつとして、一旦出来た作品をお蔵に入れて冷却期間を置くのもいい。それを夢酔用語では「醸造」といい「冷却」とも「放置」とも云っているし、「塩漬け」とさえ突き放している。でも、客観視した校正ができるし「なんだ、この下手なの書いたの誰だ?」と自虐や反省も出来るのです。
この点については乾会長も同感で、勢いで書いて、その一気呵成で発表することを一呼吸置くことの大事さを補足頂きました。
現在の槇は、新人賞による新規参加と古参との渦巻く勢いで、面白いバランスにあることが客観視できる。ゆえにどちらに傾くと「もう居場所を奪われた」「別にここにいなくてもいい」という塩梅で、古参と新規の脱退にもなりかねない。そうならないことが最良だし、最高の状態である。
例えるなら、機関誌は看板を「中華一色」や「フレンチ一色」にする必要はない。
幕の内だから、好き好きに分かられる読者の手に届けやすいし受け容れられ易いのだ。
おっと、こいつは私見。




投稿サイトNOVLEDAYSに、小山田信茂や松姫といった人物を主役においた作品を掲載しております。
「光と闇の跫(あしおと)」14,600アクセス(2024.3.11現在)
「私本信松尼公記」15,400アクセス(2024.3.11現在)

すでに読み始めているという皆さま。
ありがとうございます……Σ( ̄。 ̄ノ)ノ


YouTube
堀村の空


https://m.youtube.com/watch?v=KTb18I2w6o8&t=927s">https://m.youtube.com/watch?v=KTb18I2w6o8&t=927s 


倉吉せきがね里見まつり公式サイトに掲載されている夢酔短編書下ろしを、房総里見会で朗読とし、映像を公開しています。文面と動画をセットで揃えれば、より楽しめます。

里見の最期を知っていただく上での、情報のひとつとしてお楽しみ下さい。




Ambitious渋沢栄一青春譜(ディスカヴァー・トゥエンティワン)
41hpegFMYmLSY346.jpg
Ambitious渋沢栄一青春譜(つむぎ書房)
hyoushi_S_20230702125529f16.jpg
頼朝伝(つむぎ書房)
頼朝伝sco_0701 (スモール)
新選組婉曲録(インタープレイブックス)
1029500001-1200.jpg
やじより-松尾多勢子異聞-(インタープレイブックス)
1029500001-1200-2_20230702130206344.jpg


たびぽえ (2022夏号 VOL.3)イン・ザ・ストリーツ出版
1204203200__20230702130318e14.jpg 「久留里の夏」掲載

戦国研究の最前線 戎光祥出版
own_expense_img010-1.jpg  「小説戸石崩れ」掲載

第4回西の正倉院みさと文学賞作品集
41YrvwS02KL1204203200__20230702213049114.jpg  「御田祭」掲載



書籍のお求めは、Amazon若しくは出版社へお問い合わせください。


聖女の道標 A Japanese Nightingale
seijyoP_20230702132353525.jpg
千人同心がゆく(上巻)
sennin1_20230702132452c32.jpg
千人同心日光への旅 オールカラーガイド本
IMG_20210101_0006-1_20230702132814d17.jpg

西多摩新聞出版の書籍については、西多摩新聞社出版センターへお問い合わせ下さい。
お問い合わせは 西多摩新聞社
           ℡042‐552‐3737   
           Fax042‐552‐3778
           申込みフォーム


おかげさまで講演会も静かに復活しております。お声もいただいております。ありがとうございます。
祝日でしたら2カ月前くらいの依頼なら対応が可能です。
当面、平日のお受けは出来ません。






人気ブログランキング



歴史ランキング



小説家ランキング



歴史小説ランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ



人気ブログランキングでフォロー
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

リンク
QRコード
QR
背景を望みどおりに変える普通のプラグイン
5 1 ココ ココ
ココ ココ ココ ココ