散文小径

小説家です。時代小説を執筆しています。皆さまのご声援に支えられて描いております。よろしくお願いします。

井関氏のこと

 皆さん、本年もよろしくお願いします。

 里見義弘と不和になった弟がいました。
 久留里城を任されたこともある刑部少輔里見義政。兄との不和は埋まることなく、常陸国行方へと出奔したとされます。
 行方で佐竹義重に抱えられたと考えられます。そこで姓を〈井関〉と改め、佐竹に帰属しました。
 この井関氏のことを、以前の連載「春の國」では省略しました。
 ここまで勉強していなかったというのが原因です。言い訳するなら、あの連載は、里見義弘のライトノベルス感覚の作風でしたので、もし知っていても、兄弟対立は避けていたと思います。
 佐竹氏はこの当時、太田三楽斎父子といった客将を多く抱え込んでいました。里見家から溢れた義政を抱えることなど、何ともなかったのかも知れませんね。

 井関氏の領する行方郡富田・麻生・石神は、北浦を挟んで鹿島に対峙します。後年、里見氏は関ヶ原の論功行賞で鹿島郡を領しますが、その頃には、土着した井関氏との関係も良好だったのではないでしょうか?

 井関氏は佐竹氏が秋田へ転封されたのちも土着したと考えられます。
 里見忠義改易後に、本姓である〈里見〉に復したそうですが、そのときは義政の孫・義定の時代だと考えられます。


                  ◆  ◆  ◆


 私事ですが、ちょっと病中にあり、ストック原稿でこのblogを濁しております。
 遅筆を御容赦ください。
 関係各位にはご迷惑をお掛けしております。



                  ◆  ◆  ◆


戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2013/01/17(木) 13:54:48|
  2. 随筆・あっそう!里見発見伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<久留里慕情 | ホーム | 2012年のまとめ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://musuitouzan.blog.fc2.com/tb.php/67-d3f7c024
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)