散文小径

小説家です。時代小説を執筆しています。皆さまのご声援に支えられて描いております。よろしくお願いします。

里見氏稲村城跡保存会の功績

気がつくのが遅かったのですが、黙ってもいられないので、皆さまにもご周知します。


「里見氏稲村城跡保存会」という団体がございます。
このたび稲村城跡が国の指定史跡に指定されるまでの間、それこそ開発という名のモンスターと戦ってきた団体です。バブル期に開発に立ち向かうことは、それはもう、悪の権化のように罵倒されたりと、辛い立場にも仕向けられたに違いないだろうと勝手に推察しております。
しかし、守り抜いたことで、館山市は、ひいては千葉県において、かけがえのない史跡を国から認められるに至ったのです。
しかし、その後の管理や保全は、国がやってくれることになりました。
里見氏稲村城跡保存会は功績を刻みつつ、存在理由がなくなるわけです。

2012年7月29日に開催されました里見氏稲村城跡を保存する会第17回総会の議決により、当会は1996年4月発足からの足跡にピリオドを打ち、解散することとなりました。
このことは、こちらの挨拶文を御覧下さい。

「里見氏稲村城跡保存会の解散ご挨拶」

ほんとうにご苦労様でした。
その言葉しか選べませんでした。しかし、多くを語るより、大勢の方がその功績を認め、これからの稲村城跡を一緒に見守り育むことがサイコーだと思います。舌足らずで、すみません。

それから。

千葉県文化財保護協会より、NPO法人安房文化遺産フォーラム代表・愛沢伸雄氏に、「里見氏稲村城跡保存会」の代表を務める等、長年にわたる文化財保護の功労が認められ、11月に表彰されました。もっと早く情報を掴んでいれば、皆さんにご報告できたのに……申し訳ない!

(1).jpg

昨日、愛沢さんに遅ればせながら祝辞メールを送りましたが、
「旗振り役であった私が代表して受け取った」
とありましたとおり、一緒に戦ってきたみんなの支えが大きかったと思います。

こういう功績を、次に生かすことが大切ですね。

挨拶文を紹介しますので、こちらからご参照ください。

愛沢さんたちの活動に興味のある方は、どうかこちらまで。
 NPO法人安房文化遺産フォーラム


                   ◆  ◆  ◆


 私事ですが、ちょっと病中でしたが、取り急ぎストック原稿を差し替えてblogを更新しました。
 遅筆を御容赦ください。
 関係各位にはご迷惑をお掛けしております。


                    ◆  ◆  ◆


戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
  1. 2012/12/13(木) 16:33:46|
  2. 里見関連広告板
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2012年のまとめ | ホーム | もうひとりの武芸者>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://musuitouzan.blog.fc2.com/tb.php/65-51977275
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)