散文小径

小説家です。時代小説を執筆しています。皆さまのご声援に支えられて描いております。よろしくお願いします。

喜連川氏黎明

 下野国の高家として徳川幕府に厚遇された喜連川氏。
 関東足利氏が秀吉の気まぐれで、それでも一家を再興したことで後世に血脈を保ったことは、皆さまも承知のとおりです。
 喜連川氏を興すまで、関東足利氏の苦悩は長く続いたのです。その喜連川氏を影ながら支えたのは、里見氏でした。

 関東公方。
 室町時代に室町幕府の征夷大将軍が関東十か国における出先機関として設置した鎌倉府の長官。後年、鎌倉公方と称され、のちに古河公方へと変わっていくことになります。また、鎌倉公方は正式な幕府の役職ではなく正しくは「関東管領」です。その補佐たる上杉氏の正式な役職は「執事」とされていました。それが、鎌倉公方家の幕府将軍への叛意に伴い、本来の「関東管領家」が「鎌倉公方」となり、「執事」が「関東管領」となったのです。
享徳の乱(享徳3年12月27日~文明14年11月27日)によって、鎌倉公方・足利成氏は鎌倉を追われて古河に居を構え「古河公方」を名乗ります。これが、関東争乱の大義名分の旗頭として翻弄される足利家の黎明となったのです。
 関東は、「関東管領家」となった上杉氏が内紛を起こし、これに引き摺られて諸国豪族が兵を挙げ、更には便乗して北条早雲が介入してきたことによる、戦国が始まりました。この上杉氏内紛と北条早雲の介入が、古河公方家を割る騒動に飛躍します。第三代足利高基の弟・義明はこれに逆らい、上総国小弓で独立を果たして「小弓公方」を名乗ります。

 この頃、里見氏はどういう状況だったのでしょう。
 古河公方・足利成氏の臣下として安房切取りに赴いたのが、房総里見氏初代とされる里見義実といわれます。義実は着実に勢力を拡大し、小弓公方が勢力を拡大する頃は、いわゆる「前期里見氏」発展期でした。里見氏はあくまでも古河公方の臣下という位置付けで、小弓公方を牽制する立場だったようです。これは、足利義明のバックにいる真里谷一族との関係によるものでしょう。

 やがて、小弓公方の勢力は、古河公方を凌駕していく規模に拡大します。
小弓公方・足利義明は、扇谷上杉朝良・安房国の里見氏・常陸国の小田氏・多賀谷氏らにも支持され、北条氏綱も真理谷武田氏との関係により支持するといった大勢力に膨らんでいくのです。
 しかし、天文2~3年にかけて、小弓公方支持基盤となっていた里見氏および真理谷武田氏において家督争いが生じました。このとき、義明は里見義豊・ 真里谷信応を支持し、北条氏綱は里見義堯・真里谷信隆を支持しました。古河公方側でも、関東管領が高基の次男・上杉憲寛(養子になっていた)から上杉嫡流の憲政に代わる一方で、高基と後北条氏が接近し始めていきます。
 有名な第一次国府台合戦は、そのような下地のもとで開戦となりました。この戦いの結果は、足利義明の討死にで小弓公方は滅亡することで古河・小弓分裂状態が解消されたのです。
 しかし、小弓公方の血脈は、絶えていなかった……!
 足利義明の子供は、その多くが里見氏に庇護されました。そのうち後継者となるべき男子・足利頼淳は安房で成人し、記録上身元不詳ですが婚姻し、その子たちも里見氏の庇護を受けました。恐らくは小弓公方を支えた中核家臣団も庇護を受けたものと考えられます。客分でありながら自活のため、捨て扶持として領を賜り生活基盤としていたのではないでしょうか。石堂寺には小弓公方家庇護の記録があるため、その周辺が扶持領だったと推察しています。
 足利頼淳はとかく癖のある人物だったようです。里見氏はそれを根気よく庇護してきたのだから、まあ、懐が広かったのでしょう。
 記録で明確となっている足利頼淳の子供は、以下の通りです。

  嫡男 足利国朝、幼名乙若丸
  次男 足利頼氏、幼名龍王丸
  長女 嶋子

 このうち足取りが明確なのは、嶋子です。恐らく安房で長じて、倉ヶ崎城主塩谷惟久の正室となりました。天正18年の小田原征伐の際、秀吉の奥州仕置驚いた塩谷惟久は、妻を置いて逃亡する体たらくを発揮しました。嶋子はこの危機に毅然と立ち向かい、堂々と秀吉に面会したのです。血筋のよい偉丈夫は秀吉の好むところで、こののち嶋子は側室になって天下に近い場所に居を構えます。婚家のことより実家や里見家に心を配る嶋子のため、豊臣秀吉は関東足利氏の再興を考慮するのです。
 それは、天下人の勝手以外にも、諸事情があっての沙汰でした。
 このとき古河公方家は、男子が絶えていました。記録上氏名のわからない、便宜通称でいう〈氏姫〉が、古河公方家を守っていたのです。秀吉はこの氏姫と、小弓公方家の男子を婚姻させ、長年の御家対立の融和を図ることで、一家の再興を示唆したことになります。蟠りは簡単に融解するものではないものの、足利氏断絶を避けるため、両家は同意せざるを得ませんでした。
 これが、喜連川家のはじまりです。
 氏姫と婚姻したのは、足利国朝。これにより、弟の龍王丸(のちの足利頼氏)は長年世話となった石堂寺の住持となることが決定し、里見氏の御恩に報いるかにみえました。
 が。
 大陸出兵の遠征中、安芸国で国朝は急病による早世という出来事に見舞われるのです。喜連川家はこのままでは断絶でした。そこで、龍王丸が急遽還俗し、頼氏を名乗り喜連川氏の婿として送り込まれたのです。
 喜連川家の当主夫妻がどのような暮らしだったか、明瞭なものが残されていません。判っていることは、氏姫は終生喜連川に入ることなく古河公方館に棲み続け、設けた一子・義親も母に倣った。義親は頼氏より早く逝去したため、孫にあたる尊信が喜連川家二代となった。
 この御家再興にあたり、安房に庇護された小弓家臣団家も移転したことだろう。立ちゆかぬため、里見家から譲り受けた家臣もいたのではないでしょうか。
 里見家が安房没収を被った際には、恐らく喜連川氏からも抗議があったのではないでしょうか。上杉家も北条家も、旗頭のために足利家を利用してきました。里見家だけは二代に渡り、厚く庇護をしてきました。頼氏には、その恩が痛いほど染みていました。記録にこそ残らない、血を吐くような訴えがあったのだと、夢酔は思いたいですね。小説書きの、都合のよい、身勝手な推察に過ぎませんが……。


                  ◆  ◆  ◆


 戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2012/10/28(日) 14:50:38|
  2. 随筆・あっそう!里見発見伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<お遊び企画、参加してみませんか? | ホーム | 戦国安房国人名辞典>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2012/11/06(火) 00:59:31 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

No title

頂いたコメント、承認が外れないので、転記します。メカ音痴で御免なさい。


名前:鴨川生まれの仙台人です。
タイトル:里見氏の小説楽しみにしてます。
********************
初めまして。深夜ですが先生の記事を今日、発見!そして拝見し嬉しさのあまりコメントなんぞ書いてしまいました。里見氏に関する記事は希少なので本当にありがたいです。小説…待ち切れません。訳あって仙台在住ですが鴨川出身なので里見、正木両氏の歴史に興味があるのです。小学生の頃、木更津にいらした府馬 清さんという郷土史家の方に電話して二人で史跡巡りをしたことがあります。八王子城も2度程お邪魔しました。今回、先生が執筆される小説では初代正木大膳についても物語が絡んでくるのでしょうか?いや、本当に楽しみです!
嬉しくて…なんか眠れません。
大河は2014以降でも必ず実現して欲しいです。
********************
  1. 2012/11/06(火) 06:25:43 |
  2. URL |
  3. 夢酔藤山 #Gq//HHxQ
  4. [ 編集 ]

No title

久しぶりのコメントに嬉しさを噛み締めております。
今回の準備版は、残念ながら初代正木大膳の時代ではなく、義頼~忠義、信長・秀吉・家康の時代にスポットを当てております。登場するのは二代目正木時茂になります。
里見氏が隆盛し、どのように没落していくのかを、日々悩んでいるところです。
もう見切り発車していのですが、連載元が見つけられないというのが現状です。
仙台といえば伊達家。伊達家に馴染みの長南水軍は里見から仕官したそうですが、そのあたりも虚実絡みですが登場させる予定です。正木氏の血統である家康側室お万の方も登場させます。
発表の場を探すことが作品を練るよりもこんなに難しいとは、正直、思いもよりませんでした。
今後ともご声援のほど宜しくお願いします。

大河ドラマご声援のことは、実行委員会にもお知らせしたいと思います。本文中より署名用紙がUPできますので、もしお願いがかないましたら友人知人にもご協力頂けましたら幸いです。
  1. 2012/11/06(火) 06:26:35 |
  2. URL |
  3. 夢酔藤山 #Gq//HHxQ
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://musuitouzan.blog.fc2.com/tb.php/59-841c257c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)