FC2ブログ
2020-07-13

幕末の景色

よく思うんです。
幕末に溢れていた最たる早逝人材が、のちの世まで命と技をつないだとしたら、日本は列強に劣らぬ化物みたいな国にならなかったかなって。

まあ、その全てとまでは云いませんヨ。


勤皇、佐幕、開国、尊皇攘夷……日本がめざすべき何かしらの景色は、誰の目にも同じものが映っていたんだろうと思う。
でも。
見えている景色の色がそれぞれ異なっていた。
それが、幕末なのだろう。

渋沢栄一しかり。
hyoushi_S.jpg

松尾多勢子しかり。
keizu_0.jpg

千人同心またしかり。
20200710_西多摩新聞千人

戦国モノの多い夢酔ですが、多面的に維新を観ることで、のちのちから現在までに至る世の中のでたらめ加減と正しさを見比べて見たい。そう願っている一面があるようです。
みなさんは、勤皇、それとも佐幕で、贔屓目ですか。ニュートラルですか。





いつもの宣伝よろ。
「Ambitious渋沢栄一青春譜(つむぎ書房)
絶賛発売中
お買い求めは最寄りの書店またはAmazonへ
※Amazonレビューいただきました!
hyoushi_S.jpg
「聖女の道標(西多摩新聞出版)
重版出来、絶賛発売中
お買い求めは西多摩新聞出版へ。

seijyoP_2020060615181860a.jpg

戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。


公式HPはこちら里見氏大河ドラマ化実行委員会

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!


人気ブログランキング

歴史ランキング

小説家ランキング

歴史小説ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

夢酔藤山

Author:夢酔藤山
ようこそ!

時代小説を執筆しています。皆さまのご声援に支えられて描いております。よろしくお願いします。

最新記事
リンク
カテゴリ
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる