FC2ブログ
2020-05-30

歴史くりかえし

南信州新聞で連載中の「やじより-松尾多勢子異聞-」、いよいよ坂本龍馬が登場です。
ただし松尾多勢子と桂小五郎が知己だった事実はあっても、龍馬とのことはフィクションに過ぎません。国学者柔軟な脳裏の変革者の顔合わせは意図したもので、生まれ育ちや思想を越えた者が分かり合えるかという、一期一会の試しです。作品では、史実をなぞりながら多分にフィクションを散らしています。このフィクションが、散開しがちなエピソードをつなぐ接着剤です。龍馬と出会ったからこそ、のちに多勢子は同じ海の物とも山の物ともつかぬ若者・相良総三に肩入れしていく気になるのです。多勢子と岩倉具視の価値観の違いが物語上浮き彫りにされますが、きっかけは相良総三であり、その動機が坂本龍馬という形に結びついているのです。
でも、あまり書いちゃうとネタバレになっちゃうから、今回はここまで。
坂本龍馬といえば、その師匠は勝海舟
夢酔は大田区洗足池端にあるという勝海舟記念館
の年間パスポートを所持する輩です。この記念館設立寄付の御礼に貰ったのですが、正直に申し上げると、コロナ騒ぎもあって、まだ足を運んでいないのです。師走にレキケンで催された峰岸純夫先生の講演のあとに赴こうと思っていたのですが、ついつい先延ばしにして、それきりなんですよね。
かつ
昨日、職員さんからご親切に「パスポートの有効期限は3ケ月のばすことにしました」とお電話を賜りました。
まだコロナ社会ですから、対応もたいへんなのだろうと思います。
国会の人などは住民に直接さらされませんが、区市町村の職員は対応に追われているなか直接「あーして」「こーして」と云われるたびに粗略に出来ず頭を抱えることもあると思います。本当にご苦労様です。

期限の問い合わせをしちゃったこちらも、悪かったかなと反省しています。忙中のなか、わざわざお知らせ下さった職員さんに厚く御礼申し上げます。

海舟は誤解のされる人ですよね。
様々な文献によって創られたところも多々ある。坂本龍馬の祖型が司馬遼太郎脚色としたら、勝海舟は子母沢寛でしょうか。人間というもの、善と悪の心がせめぎ合って個性を発揮します。勝海舟は、この個性が明確です。これほど個性の色濃い人物は、この時代めずらしいですよね。
人はたいがい、勤皇か佐幕かどちらかでした。
土方歳三は佐幕一辺倒。桂小五郎は勤皇討幕一辺倒。しかし勝海舟は2色の間にある線引きの上を、軽やかに歩いている。しかもポーカーフェイスの裏側では、脂汗を滲ませ背筋をぐっしょりにしながら、深慮遠謀を重ねて、敵と味方という単純な棲み分けを避けつつ世界の摂理にも目を向けていた。こういう人物は、幕末、たいがい早死にしますが海舟は生き残れた。
日本人であり続けること、そのことを現代人も海舟から学ばねばなりませんね。

同じ時代を生きた渋沢栄一の幕末期も、一緒に知って欲しいと思います。
hyoushi_S.jpg
Amazon若しくは最寄りの書店にてお求めください。

前回も記しました。
歴史は繰り返すことがある。その空気、人の行動や心理。その時々で、自分らしく立ち振る舞うこと。ひょっとしたら、ひとり一人の御先祖がやってきた行動パターンがDNAに刻まれていて、繰り返しているかもしれませんね。歴史が繰り返すということは、そんな作用もあるのかも知れない。攘夷志士のDNA、過激浪士のDNA、開国論者のDNA、国学者のDNAなど、何かの形に姿を変えて繰り返しているとしても、流血革命の繰り返しだけは御免被ります。
牙は、人を傷つけるために用いず、己を高めるためにこそ用いるべし。
そんな想いを、常に作品へ練りこんでいる今日この頃です。





戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。


公式HPはこちら里見氏大河ドラマ化実行委員会

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!


人気ブログランキング

歴史ランキング

小説家ランキング

歴史小説ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

夢酔藤山

Author:夢酔藤山
ようこそ!

時代小説を執筆しています。皆さまのご声援に支えられて描いております。よろしくお願いします。

最新記事
リンク
カテゴリ
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる