FC2ブログ
2020-05-24

渋沢栄一の時代のアマビエ

緊急事態宣言が一部解除となりました府県もございますが、首都圏と北海道は未だにステイホームです。
でも、綺麗事かも知れないけど、我慢は大事なんですよ。
絶対に次の波が来ないためにも、波が高くならないためにも。
欲をいえば、色々と販路の活動したいですよ。売れてナンボというのが、本音でございますから。
        hyoushi_S.jpg
この欲で、何かが変わることがあると、罪悪感に包まれるかもしれない。心が弱いことでしょうが、やはり我慢が勝ってしまいます。そして、きっと大勢の方もそうだと思います。
文句はいいたい。でも、政府に文句いえば改善できる訳ではないし、誰が総理になったって知事をやったって、今度のことは解決なんて出来やしない。だから、焦りを飲み込んで今日を生きています。


この本で描いている渋沢栄一は、偉人になる前の、いうなればヤングサラリーマン時代といっていい。島耕作だって最初から会長じゃないでしょ。誰にだって、駆け出しの季節がある。
そして作品に取り上げた文久3年より数年前、少年だった渋沢栄一は、安政コレラの時代を体験しています。

いま、アマビエが相も変わらず流行ですね。
栄一が遭遇した安政コレラのときが、アマビエ流行第一回目だったそうです。
そのあと明治に流行して、令和の流行は第三回目。
     IMG_20200427_0002.jpg夢酔画♪

渋沢栄一も、アマビエのお札を握りしめたのかな。
こういう記録にも残らない、庶民の生活を考察するのが好きです。

お電話やメールやお葉書で、暖かい応援が心に響きます。
hyoushi_S.jpgAmazonで好評販売中です。
多謝。





戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。


公式HPはこちら里見氏大河ドラマ化実行委員会

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!


人気ブログランキング

歴史ランキング

小説家ランキング

歴史小説ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

夢酔藤山

Author:夢酔藤山
ようこそ!

時代小説を執筆しています。皆さまのご声援に支えられて描いております。よろしくお願いします。

最新記事
リンク
カテゴリ
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる