散文小径

小説家です。時代小説を執筆しています。皆さまのご声援に支えられて描いております。よろしくお願いします。

注意喚起!

里見に関することではございませんが、ちょっと気になる事故がございましたのでお知らせします。
早々に六龍堂さんが周知を急いでいた一件です。


これは、滋賀県で起きた事故です。

">“歴女”2人、佐和山で遭難→救助 石田三成ゆかり 滋賀・彦根の城跡
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120830-00000078-san-l25

時間で記事が消されると困るので、転記させて頂きます。

(産経新聞 8月30日(木)7時55分配信)
 28日午後5時50分ごろ、彦根市古沢町の佐和山(標高約233メートル)で、「友人と2人で登山していたが、道に迷った」と女性から110番があった。県警彦根署と彦根市消防本部が約20人態勢で捜索し、山中にいる女性2人を発見、救助した。いずれもけがはなかった。
 同署によると、救助されたのは神奈川県横浜市の19歳の女性と同県相模原市の18歳の女性で、いずれも同じ私立大学の1年生。2人は同日彦根城を観光したあと、午後4時ごろから佐和山にある佐和山城跡を目指して登山し、帰りに道に迷った。
 2人は歴史や城郭が好きで、27日から県内を観光。佐和山城は戦国時代に石田三成が居城とし、石垣や土塁などが残っており、全国から歴史ファンが訪れる観光スポットとなっている。


歴女、里見ファンのなかにも、きっと似たようなヒヤリさんがいるんじゃないですか?
安房・上総の城郭も、プチ登山になるものだってあります。また、4月のシンポジウムのときも、歴女と山ガールを融合させたい持論をこのblogで記してございます。
     
http://musuitouzan.blog.fc2.com/blog-entry-21.html

歴女も山ガールも、同じ景色や目標物を、全く異なる興味や関心で見ていることがあるんですよ。
だから、両者の長所を補い合えば、お互い楽しい趣味が広がるのにね……。
事故が起きてからでは遅すぎます。
これきりの災害で終わること、当事者はいい勉強になったと反省し気をつけて山城散策をすること。それがささやかな、夢酔なりの願いです。


戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「2014年に里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!
ポスター




人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2012/08/30(木) 21:24:52|
  2. ご案内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<倉吉せきがね里見まつり | ホーム | 倉吉せきがね里見まつり>>

コメント

事故が起きてからでは遅すぎる。
同感です。

しかし歴女と山ガール、結び付けるのはちょっと難しそう。
他の趣味に例えると、ラフティングする人と釣り好きをどちらも満足させるということだと思います。
何か特別な仕掛けが必要ですね。
  1. 2012/09/02(日) 03:47:34 |
  2. URL |
  3. あおやま #-
  4. [ 編集 ]

No title

>あおやまさん

ありがとうございます。
水と油のような歴女と山ガールですが、意外とテーマを一考すれば、噛み合うかも知れません。簡単ではなさそうですが……。
夢酔は登山もやる奴でして、過日、山ガールに人気の高尾山~陣馬山縦走コースをなぞったことがありました。途中、明王峠がございます。ググれば出ますが、武田にちなんだ伝説がございます。そこに至るまでは山ガールの知恵、そこの秘話は歴女の知恵と、共同作業が出来たら手を組みやすいなと思ったのがそもそもの発想の発端でした。
佐和山には歴女だけの知恵で登ったのでしょうね。
何かよい仕掛けがみつかれば嬉しいです。
  1. 2012/09/02(日) 10:14:54 |
  2. URL |
  3. 夢酔藤山 #0KVXvTtk
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://musuitouzan.blog.fc2.com/tb.php/47-8fe6e89c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)