散文小径

小説家です。時代小説を執筆しています。皆さまのご声援に支えられて描いております。よろしくお願いします。

倉吉せきがね里見まつり

長文が無理そうなのでシンプルに広告します。

倉吉せきがね里見まつりのお知らせです。

倉吉市関金町は安房の国(今の千葉県)館山の領主里見安房守忠義主従の終焉の地であり、堀の山郷神社西側約150mのところに主従を祀った「主従の廟」があります。
里見家の十代目忠義は、1614年大久保忠隣(夫人の祖父)の事件にかかわりがあったとして、常陸国鹿島郡3万国の替地として、伯耆国倉吉に左遷転封し、そののち倉吉神坂、下田中村、堀村(現在の関金町大字堀)と移り、三年近く居住ののち、元和8年(1622年)6月19日に29歳の若さでこの世を去りました。
悲運の武将と言われてきた忠義公は、ふたたび安房国に帰り里見家の再起を願ったに違いありません。このような歴史的背景を有する町民が、忠義公の心中に強くひかれ、関係各所団体が一体となり、忠義公の供養と祭りを計画し、毎年9月第1日曜日に開催しています。全国の里見一族を招き、山郷神社境内にて神事を行い、山守小学校体育館で子供歌舞伎などのイベントが行われます。
今年の里見忠義役は、女優(大河にも出演)の三咲順子さんが演じてくださいます!
1237643347_9.jpg
(写真提供:福井功氏)
スポンサーサイト
  1. 2012/08/16(木) 06:30:16|
  2. 里見関連広告板
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<メディアの可能性 | ホーム | ???>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://musuitouzan.blog.fc2.com/tb.php/44-09fb4633
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)