FC2ブログ

散文小径

小説家です。時代小説を執筆しています。皆さまのご声援に支えられて描いております。よろしくお願いします。

φ(^▽^)

クリスマスらしいがキリシタンではないワシは、それに流されることなく、2018年をふりかえりたい。
このブログでも、新選組なことや、小山田信茂公顕彰会HPのことを触れた。
里見のことも久留里が大きなお仕事だった。
180428_180544.jpg

ガシガシやった感があるが、実際には、ほぼ4か月くらいは闘病&半闘病みたいで、私生活に大きな規制を被り、しんどい状態でした。
だからその負荷を差し引いたうえでの、反省です。

成功面は、日野方面への大きな一歩を踏み出せたこと。
井上源三郎資料館HPへ作品を載せて頂けたことが、何物にも代えがたい成果です。
井上館長には今年、もっともお世話になりました。20180210.jpg
演武も、道場稽古も見学させて頂きました。
作品に反映させるために、観て、感じること。
余談ですが、重い木刀と模造刀を入手し、自分でも触るようにしました。これはリアリティにつながります。鍔元で握りすぎると親指の付け根には青痣が即できます。納刀だって時代劇のように簡単なものではない。
10年来、千人同心を小さく勉強してきましたが、これもお役に立った。やはり学んでおくことは、いつか身を助けることになる。
いまは時間を割きながら、新選組素材の小説をコツコツと習作しながらストックしています。


img_0_m.jpg
小山田信茂公顕彰会が発足したのも今年ですね。
やはり松本憲和先生が武田家旧恩会理事になられたことが大きい。
おかげで小山田信茂末裔の入会も許されることになりました。
昭和からこの方、武田家旧恩会は小山田家のことを、平成が終わる今年まで、ずっと拒んできたのです。
だから大きなニュースなのです。
小山田家を支援する人たちは、本当に会が発足されるまで多くの努力を重ねてきました。おつきあい的に新参に部類する夢酔には、その御苦労や御心痛の積み重ねを知る由ございません。それだけに、感慨一入な皆様には、

勝って兜の緒を締めよ
の例えよろしく、これからが勝負だと思うところなのです。
小山田信茂公顕彰会HP。
来年から何か試みるかも知れませんよ。ワシに出来ることは、その程度ですが、皆さまお楽しみに

それから。
3年近くですが、フジマリモで連載を続けてきました「郡内おやまだ散歩のお誘い」、12月で終了しました。
郡内のあちらこちらで、大勢の方々から「読んでます」と、温かい応援を賜りました。
もっともっと、歩いて、触れあって、発見して、書き続けたかったのですが、本当に申し訳ございません。
そして、ありがとうございました。


里見の連載が終わったのは去年です。
しかし、静かに里見正史は見直されつつある気がするのです。根拠はありません。なんとなくです。
3月13日は〈サ・ト・ミ の日〉と語呂合わせして普及してから、随分と経った気がします。
今年は挿絵を担当された山鹿公珠先生のgallerySFKにて、昨年終了した「秋の幻」原画展を行いました。馬頭琴奏者の美炎さんとは、もう何度目のコラボでしょう。
3月13日は〈サ・ト・ミ の日〉

そろそろ、色々な形で定着しないかな。おどやのタイムサービスに使ったり、旅館の313号室をサトミルームにしたり、御縁のあるお寺さんで説法会や演奏や野立てとかしたり、そんなことを強く望んでいます。
今年は連載中に余裕がなかったため足が遠かった久留里をめぐる機会に恵まれました。
久留里の講演会におかれましては、地元の皆さんのご支援ご助力に支えられました。特に、夢酔の講演会初のパワーポイント使用に際しては、久留里中学校の校長先生にご尽力を賜りました。この場を借りて御礼申し上げます。
ここで久留里中学校のお知らせ。久留里中学校のHPに、地元の歴史を紹介している欄がございます。少しだけ夢酔もお手伝いしています。HPを管理されている先生方にはご迷惑だったかも知れません。でも、若い人には、里見の城があったことを知って欲しいです。
美炎さんは、里見の曲を作って下さいました。目をつぶると、品があって凛々しい若殿さまが思い浮かぶような、そんな雄大な曲です。同時収録は、里見義康の妻・風の天衣無縫なイメージが浮かんできます。素敵な曲です。皆さんにも聴いてもらいたい。
1529684918_165.jpg


插絵画家の会が毎年発行している「文人墨客」。
今年は夢酔も作品を載せて頂けました。
各界でご活躍されている挿絵の先生方に触れあう機会があるのが、插絵画家の会の原画展。
いつか皆さんと一緒に仕事をしたいです。


歴史研究の60周年大会、このときは体調不良で中座してしまいました。
申し訳ございませんでした。
382759_2297286295_113xga.jpg


まだまだ思い出せないことも沢山ありました。
来年も、もっともっと頑張りたいです。
応援して下さる声に支えられて、今年もようよう年が越せそうです。あと1週間、無病息災で、お互い頑張りましょう。
メリークリス……あっ、いけね









戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。


公式HPはこちら里見氏大河ドラマ化実行委員会

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2018/12/24(月) 17:08:12|
  2. 随筆・あっそう!里見発見伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<(*゜▽゜ノノ゛☆ | ホーム | ご案内>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://musuitouzan.blog.fc2.com/tb.php/401-759909dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)