散文小径

小説家です。時代小説を執筆しています。皆さまのご声援に支えられて描いております。よろしくお願いします。

つぶやき ぼやき 苦笑い

現在、里見の新作に向けて、順調に遅筆を重ねております。
書替えやら検証やら裏付けやら、第一校正と嘯きながら、その実は殆ど一新作業。ようやく、里見氏改易の場面まで辿り着きました。
連載とか抱えていたら、お叱りものの遅滞になるな……

いよいよ里見忠義編のハイライトですが、個人的な気持の置き方でしょうか、どうしても、本編の主軸が里見義康編になってしまうんです。
時代背景的に、仕方ないのだろうな。
義康元服前が織田信長の時代、義康苦難時期が豊臣秀吉の時代、義康晩期が徳川家康の幕府創世記。
この時代の軸となるトップ3との接点がある義康が、重くなってしまうのは……おわかりですよね。

里見忠義編を奮い立たせるため、大阪冬の陣・夏の陣の場面へ、これからメスを入れていきます。
里見氏が直接この戦いに関与した記録はありません。
しかし、里見家臣と同名な人物が、ふたり、大坂方にいることが確認されています。それが偶然か、それとも改易に際し浪人となって徳川に背を向けたものか。
彼らの目を通して、豊臣家の挽歌を直視する手法で、この戦いを描けたらいいなと思っています。
それと、後世によく伝わっていない謎の集団を、ここで使用したいと企てています。

里見の水軍の全容ははっきりしていません。
そのなかで名前だけしか伝わらない、いわば〈裏水軍〉とされた軍団の存在を、明るいところに出せればと思います。とはいえ、資料が稀少のため、想像力を振り絞ることになりそうですが。

第1校正が終わったら、一度どこかに営業しなければと考えています。
里見に先物買いしてくれる社があることを期待しているのですが、そんなに甘くもない現実は、よ~く知っている夢酔。

とまれ忠義編で倉吉にかかるウェイトは全体の2割程度になるか否か。
そうなると、営業も鳥取より千葉あたりに落ち着くのだろうか。
そう考えつつも、今は第1校正をなんとか終わらせねば……
スポンサーサイト
  1. 2012/07/08(日) 08:58:04|
  2. ご案内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<シリーズ・関ヶ原と里見家 6 | ホーム | シリーズ・関ヶ原と里見家 5>>

コメント

No title

こんにちはー矢車草です。
先日はコメントありがとうございました!
背負子マウンテンのほうも拝見しましたよ。
今度は背負子のほうにも遊びに伺いますね。

作家さんでしたか!素晴らしい!
本はいつも何かしら読んでいますよー。
簡単なものばっかりですけどね、
歴史物は相棒が大好きです!

また、お邪魔させていただきますね♪
  1. 2012/07/12(木) 17:53:48 |
  2. URL |
  3. 矢車草 #MH738lGQ
  4. [ 編集 ]

No title

矢車草さん

わざわざのお越し、恐縮です。こういうことをしているとメタボになるので、山がとってもガス抜きになります。お山のブロガーさんたちに、ぜひ、里見氏大河のご署名をよろしくお願いします(と、ここでは申し上げさせて頂きます~♪)。。。
  1. 2012/07/12(木) 21:30:12 |
  2. URL |
  3. 夢酔藤山 #Gq//HHxQ
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://musuitouzan.blog.fc2.com/tb.php/38-9c16e915
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)