FC2ブログ

散文小径

小説家です。時代小説を執筆しています。皆さまのご声援に支えられて描いております。よろしくお願いします。

Σ(゚□゚(゚□゚*)

平成30年4月29日(日・祝)。
河口湖畔にて毎年執り行われる勇壮な神事がございます。フジマリモで4月に流鏑馬のことを記したところ、思いもかけぬお誘いを賜り、名刹で在ります冨士御室浅間神社の神事へ参列を許されました。
流鏑馬です
直接この目で見るのは、この歳にしてハジメテでございます。
20180429-1.jpg
2.jpg
甲斐の戦国研究されたこともある皆さまなら、『勝山記』という名前をご存じでしょうか。ここが、その記録中心地と考えて頂いて結構です。二次記録じゃないから、第一級の史料ですよね。天変地異や気候といった、ささやかな日常まで事細かに記されているのは、もう目からうろこの逸品。まさに「ザ・一次史料」です
3.jpg4.jpg
5.jpg

さて、いよいよ流鏑馬です。

6.jpg7.jpg8.jpg扇が赤から裏面の金に返すと、出走合図です。
9.jpg
382759_2284496732_8large.jpg
1514537774_7.jpg
1514537774_155.jpg
神事として的を射るのは5射手が3回。
その後、的を小さくして射ることとなりますが、凄い難易度です。1514537914_59.jpg
1514538073_93.jpg

この流鏑馬神事。
新羅三郎義光が後三年の役の戦勝祈願から始まったのだそうです。
むかしは富士山二合目で行われていたのですね。信虎時代に執り行っていた勝山・下吉田両村へと分かれたそうです。

382759_2284500189_225large.jpg
382759_2284500168_135large.jpg

神事参列にあたり、頂いたものが美しくてビックリです382759_2284500357_23large.jpg

このたびの神事にあたり、お招き下さいました
冨士御室浅間神社権禰宜さまをはじめ、神官の皆さま神社役員皆々さまに、厚く御礼申し上げます。

こういう書き物をしていると、中傷誹謗や意地の悪い仕打ちにときどき遭遇しますが、このような御厚情を差し伸べられたときは心から嬉しく思う次第です。また、3年目を迎えますフジマリモがどれほど地域の皆さまに身近な存在であるか、あらためて身に染みた思いです。
今後とも郡内おやまだ散歩、てくてくと喜んでもらえそうな散文を心掛けたく存じます。
多謝。


LAST.jpg
式典がおわると、富士の霊峰が日常を見守っておられる……+.(*'v`*)+






戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。


公式HPはこちら里見氏大河ドラマ化実行委員会

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2018/04/30(月) 08:09:01|
  2. おやま~小山田
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<(*゜▽゜ノノ゛☆ | ホーム | φ(^▽^)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://musuitouzan.blog.fc2.com/tb.php/371-a95f6087
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)