散文小径

小説家です。時代小説を執筆しています。皆さまのご声援に支えられて描いております。よろしくお願いします。

φ(^▽^)

大晦日となりました。
今年はいいことも、辛いことも、嬉しいことも、悔しいことも、たくさん味わいました。
最後の最後にインフルエンザに感染して、ガッカリした。
その最中に吉報もあった。吉報については、年が明けたらお話しします。
き沈みが激しかったのも、実はすべて自身の心のうちだけだったように思えます。

それでもたくさんの方に励まされ今年を過ごせましたことを、心より感謝申し上げます。


今年の最後に、少しは文化人っぽい屁理屈を一席。

しきたりと日本人は、深い関係にあります。
現代人はしきたりについて、とかく疎かにしているようで、それでも密接に慣習化され、知らず知らずのうちに忘れずに営んでいる。
例えば、大晦日。
毎月の末日を晦日といい、毎年の末日だから大晦日というのはご承知のところ。みんな、今夜は二年詣でとか考えていますか?大晦日の晩に鳴り響く除夜の鐘にも意味はあるし、年越し蕎麦にも意味はある。
むかしは大晦日の夜を「年ごもり」といい、神社や家で一晩中起きて歳神様を迎える。歳神様を迎えずに早寝をすると失礼にあたり、白髪やシワが増えるという俗信もありました。除夜の鐘を聴くまで年越しをしようという慣習はこの俗信の名残ともいわれます。
紅白を観てゆく年くる年を観ると、丁度年を越せる。
しきたりをその時代の生活リズムにあてはめたことになるでしょう。若い人は紅白よりも違う番組を観るかも知れないし、年越しで人のうちに上がり込んで飲んだくれているかも知れない。それでも新しい年をみんなで迎えようという気持は一緒。
しきたりって、なんでしょう。
日本には古くからの年中行事があります。
その行事は儀式にもつながる。
しきたりとは、日本人がとおい昔から連綿と受け継いできたもので、神事や仏事に根ざしたものだが、迷信めいた無駄なのではなく、日本という国の気候風土に一致した、理に適うことでもある。そして、定められたしきたりに縛られず、時代に応じて柔軟に変化させてきたものなのです。
そんなことを思いながら、今年最後の一日を、意味のある一日に為すことが出来たら、それは有意義になることでしょう。
大晦日は二十四節気でいうところの冬至。冬と春との変わり目。七十二候でいう麋角解。春に備えて鹿が角を落す準備の季節。至近のイベントであるクリスマスで奔走する人も、大晦日を迎えて、ちょっとだけ和風を意識しているんじゃありませんか。
-.jpg

今年の御礼。
房州日日新聞社さま、山鹿公珠先生。「秋の幻」、無事に連載を終えました。
  里見正史の連作としては、一応はこれにて完結です。トータルで10年近くかかりましたね。でも、スピンオフ的番外編も、まだあるかも知れません。ありがとうございました。
全国里見一族交流会ならびにNHK大河ドラマ化実行委員会の皆さま。里見会長、公私にわたりいつもお気遣いを賜りありがとうございます。
安房高野山真言宗妙音院さま。今年はとくにお世話になりました。ホームページに作品を掲載頂き厚く御礼申し上げます。
曹洞宗藤谷山慈恩院さま。親しくお声を賜り厚く御礼申し上げます。ホームページに作品を掲載頂き感謝申し上げます。
曹洞宗宮城山頼忠寺さま。お引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。
里見茶屋さま。今年はサ・ト・ミの日からご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
插絵画家の会さま。お世話になりました。来年もよろしくお願いします。
小山田の会の皆さま。来年はホームページに連載をさせて下さい。お世話になりました。
ふじさんミュージアムさま。今年は特に勉強させて頂きました。高橋さま、篠原さま、心より御礼申し上げます。
タウン企画細内さま。今年もゆる~いエッセイを書かせて頂きありがとうございました。
河口湖レークホテルさま。河童地蔵ではお世話になりました。
河口御師梅屋さま。お会いすることは出来ませんでしたが、それにもまして度々のご厚情をありがとうございました。
植松三十里先生。お会いできて嬉しかったです。
歴史研究さま。小西さま、今年も本当にお世話になりました。来年もお世話になります。
もうひとつ。
新選組井上源三郎資料館館長さま。ご迷惑なことも多々あったことと思いますが、来年はどうぞよろしくお願い申し上げます。


こちらに立ち寄られた皆さまにとって、すばらしい年明けとなりますよう、ご多幸を心よりお祈り申し上げます。
どうぞよいお年をお迎えくださいませ。









戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。


公式HPはこちら里見氏大河ドラマ化実行委員会

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2017/12/31(日) 09:35:45|
  2. 閑話休題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<(*゜▽゜ノノ゛☆ | ホーム | φ(^▽^)>>

コメント

今年もヨロシクです

年明けましたね~
2018年もよろしくお願いします

相変わらず忙しいようですね
体調管理気を付けながらガンバリマショウ

源さんの小説、読みごたえありすぎですww
結構読み進みましたが楽しいです

日野市の資料館でも源さんの企画展があるみたいですね

良い一年となるますように
  1. 2018/01/02(火) 01:06:41 |
  2. URL |
  3. ししん #y6CQ6xro
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://musuitouzan.blog.fc2.com/tb.php/358-1d41fbbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)