散文小径

小説家です。時代小説を執筆しています。皆さまのご声援に支えられて描いております。よろしくお願いします。

φ(^▽^)

しつこいですが、これも役目なので382759_2257748492_75xga.jpg

よし、本題に入ろう。

平成29年7月27日(木)、房州日日新聞連載小説「秋の幻」。
最終回を迎えることが出来ました。
この作品に関わるすべての皆様に、今更で恐縮ですが、心から感謝の気持ちを述べさせていただきます。
本当にありがとうございました。

里見正史というジャンルは、小説・ドラマ・音楽といったあらゆるメディアから、なぜか見向きされてきませんでした。なぜだろね。
「春の國」の連載開始は平成20年8月。
あらら、もう9年も経っちゃったよ。
ここまで里見正史の小説にどっぷりと足を踏み込んだのは、たぶん、日本初?
馬琴さんはフィクションだから、正史ではありませんもの。
今夜は、自分で自分を褒めてやろう。
だって、誰にも褒めてもらえないし、褒められたくてやってることではないし。
でも、ゴールテープを切ったのだから、今夜くらいは許してもらおう。

382759_2260803224_196xga.jpg

今度は、南房総の皆さんが中心になって、里見正史を掘り起こしあたらしい文化にする番ですよ!












戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。


公式HPはこちら里見氏大河ドラマ化実行委員会

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
  1. 2017/07/28(金) 20:48:07|
  2. 随筆・あっそう!里見発見伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<房総時間 | ホーム | 房総時間>>

コメント

お疲れ様でした

やっとというかついにフィナーレですかね
お疲れ様でした

私も里見氏についてずいぶんと理解を深めることが出来ました
奥州・大崎家臣の里見氏、羽州・最上家臣の里見氏も同族であると知り親近感も湧いてきました

楽しみを与えてくれて感謝ですm(__)m
  1. 2017/08/12(土) 11:11:05 |
  2. URL |
  3. ししん #y6CQ6xro
  4. [ 編集 ]

ししん様


里見家の肖像画がないことだけが不思議です
  1. 2017/08/12(土) 12:22:57 |
  2. URL |
  3. 夢酔藤山 #Gq//HHxQ
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://musuitouzan.blog.fc2.com/tb.php/348-5780e48e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)