散文小径

小説家です。時代小説を執筆しています。皆さまのご声援に支えられて描いております。よろしくお願いします。

ゆるさへの挑戦

固い小説の反動でしょうか、それとも隠しきれない破綻した人間性でしょうか。

月に一度、山梨県富士北麓や都留の皆さんに推参している「郡内おやまだ散歩のお誘い」が、たまに褒めて貰えます。褒められなれていないので、ちょっと嬉しいながらも戸惑っています。
IMG_20160827_0003 - コピー
内容は、基本的には、ゆるいです。
歴史も知らないようなお年寄りが読んでも、小馬鹿にするような鼻息が出るくらいの緩い文体を心懸けております。
だって、専門的なことを書いても、一方的に
「おれ、知ってるぜ」
みたいな自慰行為になるもの。読者を置き去りにするのは、何か気乗りしない。
基本的には
「これを書いている奴、どこか変」
「すごく変」
「変態だ、変態という名の紳士だ」
などと云われてナンボなのだと、一歩引いた作風に徹しています。

読んだ人、いますか?

全国区じゃなくて、御免ね。

でも、おやまだ散歩だから、分かってね。


次回は3月25日に掲載されます。
テーマは岩殿城。でも、四角四面な、城への情熱メッセージは、まったくありません。
このゆるさがウリのエッセイです。

「郡内おやまだ散歩のお誘い」は、左のリンクにもありますが
山梨日日新聞系列折込紙フジマリモで読むことができます。なんでも山梨日日新聞以外でも、日本経済新聞を除く一般紙も折込されるそうなので、富士北麓から都留郡一帯のほとんどの世帯に、お邪魔することになるそうな。fujimarimokawasemi.jpg

弄って。
もっと、弄って

ご感想はフジマリモまで。
皆様の声が、更に夢酔を緩くします~


kagari4.jpg
基本的に、ネタの中心は小山田関連です。
郡内のことも盛り込んでます。
武田ファンや戦国ファンにも響くようにしながらも、コアなことに走らない努力をしております。これがいちばん難しい。感覚を垂れ流すためには、現地を彷徨うしかありません。
地元の皆さん、見つけても逃げないでくださいね
















戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。


公式HPはこちら里見氏大河ドラマ化実行委員会

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2017/03/14(火) 06:01:05|
  2. おやま~小山田
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<安房高野山 | ホーム | 今日は>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://musuitouzan.blog.fc2.com/tb.php/329-f3030a77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)