散文小径

小説家です。時代小説を執筆しています。皆さまのご声援に支えられて描いております。よろしくお願いします。

真田丸のあとって悔しいので

今宵の大河ドラマはいよいよ真田丸の戦いの回で、
歴女とか真田萌の人が悶絶していると思う。
勿論、演出とか、脚本とか、見えざる何者かの都合や影響で、定説よりもリップサービスを重んじることと思う。
人んちの大河にケチをつけるつもりはありません。


現在、連載中の「秋の幻」。
実は原稿そのものは全部収めています。
ただし紙面は順番こなので、進捗はすべてお任せという状態。

でも、新聞雑誌等、連載されている作品って、出来たてほやほや旬の物というイメージがありませんか?
その原則でいくと、大坂の陣の章って、下手すると年明けになると思うから
「夢酔って、三谷をパクっているんだぜ」
と云われそうで厭!
幸いですが、大河ドラマの描写と、「秋の幻」の描写では、真田丸の展開は全くの違う流れだったので安堵。勿論、オフロスキーと異なりもっと骨っぽく翳りと憂いを秘めたニヒルな明石全登にしているから、キャラ設定も別。それでも大河の後陣を拝する事実は拭えない。

原稿、もう仕上がってます。
パクりはないですよ……

今後の展開となるサブタイトルを列記します


安房没収  現在の回
倉吉四千石
豊臣家の挽歌
時 代
望 郷
絶望の風
里見家改易
薫風の記憶
(以上、予定)

大河にかぶる部分はとっくに脱稿してるので、パクる要素は一切ございません。
こういうことは早く云っとかないと、不名誉な中傷にさらされそうで厭なのです。
こういう気持、
あまり分かって貰えないだろうな。












戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。


公式HPはこちら里見氏大河ドラマ化実行委員会

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2016/11/13(日) 20:24:27|
  2. 随筆・あっそう!里見発見伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<クドカン | ホーム | 「秋の幻」新章へ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://musuitouzan.blog.fc2.com/tb.php/308-d923b3af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)