散文小径

小説家です。時代小説を執筆しています。皆さまのご声援に支えられて描いております。よろしくお願いします。

小出しの報告「ギャラリーsfk」

昨日の宣言なので、小出しで2DAYS報告します。
本日で期日のおわったギャラリーsfkの企画展。おなじみ「春の國」「夏の波濤」「秋の幻」の挿絵を手掛けて下さる山鹿先生のギャラリーでございます。このたびは御母堂様の遺した作品がみつかったので、芭蕉記念館へ寄贈する前の展示でした。
sfk10151.jpg
みなさん、ちゃんと観ましたか?
観ておけばよかったと、あとで後悔しそうな作品です。sfk10152.jpg

いつも山鹿先生の絵で救われている夢酔作品ですが、ここにDNDの源をみた想いがします。

このギャラリーでは音楽とのコラボも多く、過去、夢酔作品の原画展では様々な音楽に癒されてきました。

10月15日、この日は朝の8時ちょいすぎから正午近くまで、雑談を交えながらたっぷりと「秋の幻」の挿絵方向性について検討会議を持たせて頂きました。気軽にちょいちょいと来られない自分の不甲斐なさが悪いのですが、とにかく一ヶ月ぶりの打ち合わせ。あらためて挿絵に散文を添えているだけの未熟さを痛感する次第です。sfk-15-01.jpg
ここでちょいネタばらし。
物語は現在、大久保長安事件の余波でピンチの里見家。
時代的には大河ドラマと一致するところもあり、真田丸の場面も予定されています。山鹿先生はドラマに負けじと、力を入れておりますので、乞うご期待!

sfk-15-02.jpg

まだ「夏の波濤」原画展三期が始まっておりません。
時期はこれから発表出来ると思います。
ぜひお越し下さいませ。

明日は南総里見まつりの報告だ。










戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。


公式HPはこちら里見氏大河ドラマ化実行委員会

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2016/10/17(月) 20:43:29|
  2. 随筆・あっそう!里見発見伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<小出しの報告「第35回南総里見まつり」 | ホーム | 総括2016.10.15-16 2DAYS>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://musuitouzan.blog.fc2.com/tb.php/301-17112872
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)