散文小径

小説家です。時代小説を執筆しています。皆さまのご声援に支えられて描いております。よろしくお願いします。

和紙のこと

仕事のことではなく、
受け身な話題をおひとつ。

劇団き楽座の舞台「萩原タケ物語」で主人公を演じておられた杉野さん。
去年もそうでしたが、今年も和紙作品展をしてござるというご案内を頂戴しました。
和紙って、いいですよね。
夢酔の名刺も、売ってるときはなるべく和紙の台紙にしてるんです。

2016年9月20日(火)~25日(日) 11:00~17:00までの期間。
茶房ギャラリー土籠で開催しております。
圏央道あきる野ICを降りて、秋川沿いの側道を行きます。川の反対側は東京サマーランドだ。
わからなくなったら、ギャラリーへ電話してね。
tel:042-559-9932

展示の状況は、お客さんも多くて肖像の問題もあるから撮影しませんでした。
茶房なだけに珈琲を頂いたので、美味しそうな御姿をお楽しみあれ。160922_111737.jpg

以前は朗読劇をやってた杉野さん。
またやって欲しいと思うところでござる。

和紙アートの世界。
ぜひ足を運んでみては如何でしょうか?

たぶん、好きな人はピピッと来るかな。
夢酔はピピッときましたよ。
スポンサーサイト
  1. 2016/09/23(金) 10:12:51|
  2. 閑話休題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<都合不都合 | ホーム | ぶらり市川>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://musuitouzan.blog.fc2.com/tb.php/294-51dc33a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)