散文小径

小説家です。時代小説を執筆しています。皆さまのご声援に支えられて描いております。よろしくお願いします。

南房総でびっくり!

2016年8月11日(木・祝)、家族で南房総にキャンプへ行きました。
完全に仕事を切り離すつもりでしたが、なかなか上手く出来ないのが、この稼業の因果でござる。
それにしても、
行きの東京湾フェリーで、これまで観たことないものに遭遇した。
daib1.jpgなんと、潜水艦がこちらに向かってくるんだよ。daib2.jpg            こういうものが観られるのも、東京湾。

山鹿先生に挿絵用の事前原稿をお届け。
いつも郵便だけど、たまには手渡しもよかろうて。

赴いた日が「山の日」ということもあり、「山の日」記念しイベント 8月11日 対談とコンサートに寄るものの、子連れでは難しく、長居できずに退散する。不義理で御免なさい!

daib3.jpg
キャンプ場は大房岬。ここから岡本城も鏡ヶ浦も一望できる。里見家にとっては索敵の要となる要塞のような岬なのである。不動滝は後付の伝説だろうと思います。

ところで。
このような試みが、道の駅とみうら枇杷倶楽部でやってた。daib4.jpg
シャーロックホームズ パペット達の夏休み
いろいろ観ていたら
「夢酔先生ですよね」
と、いきなり面が割れてしまい驚いた。daib5.jpg

ところで、ここに来る前、南房総市役所へ行ってきた。
作品を通じて房総でお世話になっていることもあり、何か還元できることを考え、せっかくなので「ふるさと納税」を試みたのです。初めてですよ、ふるさと納税をやってみたのは。
物が欲しいとか、そんなんじゃなく、純粋に何かしたかったんですよね。館山市じゃなく、南房総市でやる意味は、特にございません。強いていうなら、房総里見氏は南房総市から始まった、という程度の理由しかないんです。
子供たちのためにと、寄付をさせて頂きました。
未来への投資です。

お昼のに和田へ行って、クジラを相伴して参りました。
解体していると聞いたのですが、子連れでは飽きられるから満足に見学も出来ません。ちょっと残念でした。

daibu6.jpg大房岬から見下ろす岡本城。この城と、この岬。鉄壁の要塞だったのではと、思わずにいられません。
daib7.jpg 館山城へ拠点が映っても、城と鷹ノ島は一望できます。引き続き大房岬の索敵機能は重視されたのではないかと、感じずにはいられません。

幕末の頃には、この岬に砲台が据えられて異国人に備えたそうですよ。daib8.jpg



秋の幻、まだまだ目が離せません。
どうぞ、房州日日新聞をよろしく!




第4回郡内小山田氏の会のご案内

日時  9月10日(土) 午後2時より  
場所  JR代々木駅西口向かいミヤタビル2階 ニルの学校
発表者 小俣 公司 様
テーマ 「小山田信茂公の遠大な計画と武田家再興」
会費  2,000円(出席した回のみ)












戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。


公式HPはこちら里見氏大河ドラマ化実行委員会

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
  1. 2016/08/14(日) 14:50:50|
  2. 閑話休題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<沼田、歩く | ホーム | 郡内小山田氏の会のご案内>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://musuitouzan.blog.fc2.com/tb.php/287-2471dcf5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)