散文小径

小説家です。時代小説を執筆しています。皆さまのご声援に支えられて描いております。よろしくお願いします。

そうだ、奥ノ院へ行こう

高野山奥ノ院に里見家の供養塔があることを、随分とこの場で書き綴った。
しかし……高野山1200年の昨年をしてなお、テレビ・雑誌・特集関連どれもこれも皆、里見家をスルーした。
なぜだ、分かり難いのか?


そこで、どうやったら分かり易くなるか、ゲリラ豪雨でいつ停電になるかというスリルのなか、色々とやってみたいと思う。


まず、奥ノ院の最奥を目指してみよう。
k-oki_.jpg                                                                    とりあえずバスでも徒歩でも何でもいいから、一の橋または中の橋から弘法大師御廟を目指すのだ。歩け、さあ歩け。

k-oki_1.jpg
かなり緻密な地図が登場。全国里見一族会よりの素材です。

まず番。
ランドマークとなる弘法大師御廟。k-oki 0
ここから先は撮影禁止の聖域。
ここをまず起点とし、御廟に向かって左側の、最初の入口に入ります。

次に2-3番。k-oki_2.jpg
2番から入るとすぐ左に、あいつがいる。k-oki 1k-oki 2

よく拝んだら、番で濯ぎだ。
k-oki_3.jpgk-oki 3
そして、を曲がり、番へ。k-oki_5.jpg
番から、番も曲がると……k-oki_6.jpgk-oki 4k-oki 5
そしたら、目の前が開けてきて、番キタ━(゚∀゚)━!
k-oki 6
どうですか?
難しくないでしょ?
ただスルーされているだけで、行き先は難しくありません。
もう、皆は迷わないですね?

さあ、高野山奥ノ院へ行ってみませんか









戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。


公式HPはこちら里見氏大河ドラマ化実行委員会

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2016/07/14(木) 22:12:11|
  2. 随筆・あっそう!里見発見伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<サンドイッチ | ホーム | 夏の波濤 第二期原画展>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://musuitouzan.blog.fc2.com/tb.php/283-69f129a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)