散文小径

小説家です。時代小説を執筆しています。皆さまのご声援に支えられて描いております。よろしくお願いします。

新旧暦換算

前回、新旧暦換算で勝頼新府落ちの流れを現地で追った。
ここで指折り数えると……天正10年3月11日に相当する同日は、4月3日ということになる。新府落ちから1週間経つ。現代的感覚で云えば、まさに
「1週間なにしてたの?」
と云いたくなるし、バービーボーイズの歌が好きな人だったら、ついつい
「♪いったいなんだったんだ~7DAYS♪」
などと口ずさみたくなる。

笹子峠封鎖は、外敵に備えた正当行為。
小山田の行動は、至極当然である。
で、本当は、勝頼は笹子峠以外の間道で郡内入りが協約されていたのに指揮系統が支離滅裂で情報が届かず、バタバタしてたのではあるまいか。
田野に向かったのは正しい間道を目指し、道案内が必要だから小山田家からの隋臣もいた。しかし、タイムオーバーした。
……なんて仮説も成立する。

考えるときりがないね。


夢酔は4月3日、別件だから、たぶん景徳院には行かないだろうな。
スポンサーサイト
  1. 2016/03/29(火) 07:00:17|
  2. おやま~小山田
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<夢酔、小山田家の法要に参じる | ホーム | 新府城、落城の賦を歩く>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://musuitouzan.blog.fc2.com/tb.php/271-cc76de91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)