散文小径

小説家です。時代小説を執筆しています。皆さまのご声援に支えられて描いております。よろしくお願いします。

2016.3.13

「夏の波濤」 第一期原画展。本日が最終日です。山鹿先生、お疲れ様でした。
そして、昨日が「サトミの日」。大勢の方が忙しいなか駆けつけてくださいました。
東京からバスで参じて下されたのが、いつも夢酔がお世話になっております「歴史研究」のスタッフ。ご夫婦で、遠路わざわざのお運びを心より御礼申し上げます。
お客様に貴賤はないとは申すものの、やはり地元以外から駆けつけて下さるということは、感慨深いものです。

前日、ギャラリーsfkにお邪魔しました。
イベントがないと、こんなにゆったりと原画を観ることが出来るんです。DSCF5432.jpg                   これをイベント会場に変える勤労奉仕をさせて頂きました。
こう変わるのだ
      
DSCF5446.jpg
当日、会場の方にはバレないよう務めましたが、実はちょっと熱で朦朧としてました。たぶん、疲れが溜まっていたんですね。DSCF5433.jpg
当日、30分の予定でしたが、たぶん超過トークしました。体内時計が狂っていたみたいです。トイレを我慢しちゃった方、ごめんなさい。
そのあと里見香華社中の舞踊が披露されました。
そして、馬頭琴奏者美炎(MIHO)さんの演奏です。この日の衣装、山鹿先生のデザインだとか。いい仕事をされてますね~
DSCF5485.jpg
美炎さんは、さっそくblogに書いて下さいましたので、御紹介します。
馬頭琴奏者 / 美炎 miho 公式サイトblog こころがなくクリック

朗報です。
時期は明確ではございませんが、この場にて、続編公開のお知らせを出すことが出来ました。
秋の幻」。
倉吉を知らない方が、当日も大勢おられました。そういう方々に、その地のことが伝わればいいな。
安房国って、気候のおかげで何らかしら糧にも困らない土地なのですね。里見忠義は秀吉時代の京・伏見で生まれ育ち、幕府創設後の江戸に暮らしている。大名の人質として、そのときの首都となる場に暮らしていました。たぶん、飢えとは無縁です。安房国主となっても、温暖な気候で飢えを知らずに過ごしたことでしょう。
倉吉に動かされ、山陰の独特な気候のなか、里見忠義は、恐らく人生最初の飢える経験をしたのではあるまいか。
「夏の波濤」には希望が満ちていました。
「秋の幻」は、絶望への旅が待っているのです。


「夏の波濤」原画展第二期は、6月30日~7月11日(予定)です。7月9日(土)にまたイベントがございますので、夢酔に会いに来てくださると、嬉しいです。

2016年、春の國より。DSCF5412.jpg
追伸
今も聞いてます~

160314_074529.jpg160314_074352.jpg














戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。


公式HPはこちら里見氏大河ドラマ化実行委員会

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
  1. 2016/03/14(月) 22:47:39|
  2. 里見関連広告板
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<里見の日 アフター | ホーム | お出でませ、南房総市>>

コメント

お疲れ様です&おめでとうございます

講演会の内容気になります^^

そして新たな旅立ちに期待です
内容はダークですが先生がどのように描くのか楽しみ^^
  1. 2016/03/15(火) 20:37:00 |
  2. URL |
  3. ししん #y6CQ6xro
  4. [ 編集 ]

ししんさま


定説はかなり壊しました。
保守派が別説に笑うか怒るかが楽しみです。いよいよクライマックスの試行錯誤ですが、発表の場を探すこともそろそろ考えねばと思っております。
  1. 2016/03/15(火) 22:13:09 |
  2. URL |
  3. 夢酔藤山(むすいとうざん) #Gq//HHxQ
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://musuitouzan.blog.fc2.com/tb.php/267-5372e9d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)