散文小径

小説家です。時代小説を執筆しています。皆さまのご声援に支えられて描いております。よろしくお願いします。

「夏の波濤」原画展、開催

2月18日(木)から「夏の波濤」原画展が開催されました。
もう足を運んでくれた方がいたら、嬉しいです。

今回は332回分より100話の挿絵原画を並べました。
新聞ではちっぽけな挿絵を、原寸大和紙で拝見できる貴重な機会です。どうかお見逃し無く。

南房総生活情報誌CLIP(クリップ)でも紹介してもらいました。
http://clip.m-boso.net/event/sfk_natsunohatou01/?instance_id=7407

房州日日新聞でも、2月20日号で紹介してくれます。
http://www.bonichi.com/News/item.htm?iid=10739

この作品は、大勢の方の協力と情熱と想いと支援に支えられたものであり、たかが散文を並べただけの夢酔ひとりでは為し得なかった作品です。
だから、原画展の主役は挿絵であって、三文小説を書いた人は添え物に過ぎません。
そう思って、いろいろと感じたり考えたりしながら、原画を楽しんで欲しい。
会場には二冊のファイルが置いてあります。一冊は、このブログより抜粋した散文。インターネットのない方もまだまだおられる、そんな方に、ちょろっとでも気の抜けた作者の声を伝えられたらと思いました。もう一冊は、取材の写真とそれに関する一言。インドアじゃなくアウトドアな執筆を感じて欲しいので、ついつい作ってみました。
カレーに甘いモノを入れたり、スイカに塩を振ってみたり、なにか見当違いなことをしてみたら原画が引き立つかなぁって、ついついやってみました。
毒になるか、薬になるか、御覧になりましたら、ぜひ御感想をお寄せ下さい。

3月13日。
皆さんとお会いできるのを楽しみにしています。



前日、都内ではこういう企画があるんです。欠席して御免なさい。
http://blogs.yahoo.co.jp/history_kamigami_fuji_oshi_1906/55923603.html

当日、埼玉でこんなイベントがある。
http://www.town.moroyama.saitama.jp/www/contents/1297328351172/
観たかったな……



今日、房総里見会から封書が届きました。
2015年9月刊行の「鎌倉」に掲載された、滝川恒昭先生の論文です。ありがたい。年を重ねる事に、里見の新しい発見がある。これは、先達の蒔いた種の結晶なのかも知れません。












戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。


公式HPはこちら里見氏大河ドラマ化実行委員会

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
  1. 2016/02/19(金) 22:24:10|
  2. 里見関連広告板
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<2016如月最後の夜 | ホーム | サ・ト・ミの日 -2016.3.13->>

コメント

お疲れ様です

最近、何かと忙しそうですね^^
歴研のタケさんを読ませていただきました
流石研究者と思わせる内容にただただ感心を^^

刺激になりました( ̄▽ ̄)
私もいろいろと頑張ります
  1. 2016/02/28(日) 22:30:45 |
  2. URL |
  3. ししん #y6CQ6xro
  4. [ 編集 ]

本年最初のコメントですね。ありがとうございます。
今日は4年に一度しかない肉の日なので、久しぶりにblogを書こうと思いますが、宣伝だけでは芸がないので、何か投下しようか今からじっくり考えてみます。
さて、歴史研究はこのところ投稿付いております。
おかげさまで小山田家先代御正室様も会員になられた由。広く意見を訴える機会だと思うので、受け身にならず挑み続けて欲しいところです。
遅れましたが、本年もよろしくお願いします。
また遊びにきて下さいませ。
  1. 2016/02/29(月) 06:10:10 |
  2. URL |
  3. 夢酔藤山(むすいとうざん) #Gq//HHxQ
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://musuitouzan.blog.fc2.com/tb.php/264-9af49ad6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)