散文小径

小説家です。時代小説を執筆しています。皆さまのご声援に支えられて描いております。よろしくお願いします。

安房国 2016.1.23

1月23日(土)、今年最初の安房入りです。
ひょっとしたら雪が降るかもという予報でしたので、午前中の間に用件を済ます心積もりでした。
雪に降られて安房から戻る悲惨を体験したのは、たしか2~3年前。あのことを思い返せば、とてもじゃないけど、降り始め前に神奈川まで戻っておきたいという心境です。
201601231201601232
暗い一番フェリーで、出航。

城ヶ島の彼方には伊豆半島、沖合には伊豆大島です。201601233

もう、あちらこちらで、春の予感です
20160123


せっかくなので、ちょっと寄り道
道の駅 保田小学校 です最近、出来たてで話題の道の駅、まだ時間前でした。
201601236201601235201601237201601238
面白い(゚∀。)アヒャ
今度は、開いているときに来ます。


この日は、先ず、挿絵を担当いただきました山鹿先生のギャラリーを訪問。ギャラリーsfk
201601239
ただいまは吊し雛の展示中。
2016123120161232201612332016123420161235
こののち慈恩院へ赴きました。里見義康の墓所があるのが、このお寺です。「夏の波濤」で全編登場したのは、義康だけです。一番の中心人物です。山鹿先生は、夢酔が来るのを待って、一緒に墓参するつもりだったそうです。恐縮です。

ここでお知らせ
公式な情報は、たぶん房州日日新聞で紹介される筈ですが、
「夏の波濤」原画展が、こちらのギャラリーで開催されることが、突然決まりました
ただし、連載回数が332回。一度に挿絵原画を展示することは、不可能です。恐らくですが、何期かに分けて開催されると思いますので、その都度、足をお運び頂けると有難い。

そして……2016.3.13(sun)
313〈サ・ト・ミ〉の日に因んで、夢酔、たぶん講演すると思います。委細は追ってお知らせします。

房日新聞にお伺いしました。
これまでの御礼、そして再開の依願。
時期の明言はまだ頂いておりませんが、次で完結編です。
何卒よろしく御裁可を賜れますことをお願い申し上げます。


急いで撤収です。
天気は妙によろしいです。
20160123-1.jpg20160123-3.jpg20160123-2.jpg
結局、雪にならなかったです。
よかった……


今年も、まだまだ里見とおつきあいすることになりそうです。皆さまの暖かいご声援を支えに、頑張ります







戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。


公式HPはこちら里見氏大河ドラマ化実行委員会

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2016/01/24(日) 17:43:17|
  2. 随筆・あっそう!里見発見伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<サ・ト・ミの日 -2016.3.13- | ホーム | 「夏の波濤」カウントダウンvol.7>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://musuitouzan.blog.fc2.com/tb.php/262-c3e8c118
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)