散文小径

小説家です。時代小説を執筆しています。皆さまのご声援に支えられて描いております。よろしくお願いします。

「夏の波濤」カウントダウンvol.6

いよいよ明日の号で
「夏の波濤」は最終回を迎えます。
些末な散文ではございましたが、
里見正史を浮き彫りにし、
小田原征伐に至るまでの江戸湾を巡る北条氏との攻防
如何に小田原征伐で上総を失うこととなったのか
関東へ移封した家康が里見を警戒し囲むように有力家臣を上総へ配したのか
秀吉と家康の間で、いかに里見を手懐けるための駆引きをしていた
関ヶ原直前、里見を囲い込むことにどれだけ家康が気を配ったことか
様々な日本史に沿った出来事を綴りました。

今回の資料の下地は、当代里見研究の第一人者である滝川・岡田両先生のご指導に加え、数多くの見識者に賜ったご指導、更には機会を頂き各所へ足を運ぶきったけを頂いたことによるものです。
資料や著書におきましては、「夏の波濤」の続編と一体で作成したため、膨大な量になりました。
こちらにつきましては、明日の最終回が発表されてから、この場で列記させて頂きます。「夏の波濤」では理解し得なかったものも、参考文献を手にすることで
「そういうことか」
という発見に繋がるかも知れません。一助になれば幸いです。
DSCF3707.jpg
本日は、作品にご協力ならびにご指導を頂きました皆さま(団体含む)を御紹介します。
そのひとり一人の支援がなければ、「夏の波濤」(とその続き)は完成しなかったことでしょう。
準備素案は、このシンポジウムのときには出来ていたんです。懐かしいですね、2012年4月のことでした。
P4140190.jpg
こののち、2稿3稿と手を加えて、連載に辿り着きましたが、それでも誤字が多かった。最終的には、ひとつに纏まるときに完全なものにしたいですが、出版は未定です。



【作品協力(敬称略)】

岡田晃司(館山市立博物館)
滝川恒昭(千葉城郭研究会)
愛沢伸雄(特定非営利活動法人安房文化遺産フォーラム)
早川正司(千葉県文化財保護協会)
加藤七午三(館山市文化財保護協会)
山脇幸人(倉吉市立図書館)
根鈴輝雄(倉吉博物館)
君塚善利(大多喜町文化財審議会)
山口總源(美濃源氏フォーラム)
さくら市教育委員会生涯学習課
さくら市ミュージアム-荒井寛方記念館-
全国里見一族交流会
房総里見一族会
里見氏大河ドラマ化実行委員会
有限会社房州日日新聞社
富浦地区生涯学習推進員
山鹿公珠(ギャラリーsfk)
高野山真言宗光明院
真言宗高野山妙音院
真言宗智山派総本山智積院
曹洞宗冨士山宝林寺
曹洞宗金地福山定光寺
嶋津 敬(写真家)
市原弘章(夷隅郡資料提供)
小川瓔子(東シナ海写真資料提供)
※( )肩書・所属は指導当時のものです


皆さまに心から感謝申し上げます。






戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。


公式HPはこちら里見氏大河ドラマ化実行委員会

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2016/01/19(火) 21:39:29|
  2. 随筆・あっそう!里見発見伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「夏の波濤」カウントダウンvol.7 | ホーム | 「夏の波濤」カウントダウンvol.5>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://musuitouzan.blog.fc2.com/tb.php/260-022d69ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)