散文小径

小説家です。時代小説を執筆しています。皆さまのご声援に支えられて描いております。よろしくお願いします。

「夏の波濤」カウントダウンvol.3

「夏の波濤」という作品は、
最後の里見三代を描く試みでした。

この三代の時代こそ、日本の戦国時代を締め括る時代です。
信長・秀吉・家康。この三人が、現代の日本史におけるひとつの軸です。どんな地方豪族を描いても、この三人を軸にすることで、いつの時代の物語かという立ち位置を教えてくれるのです。
これまでの大河ドラマでも、その軸を持つことで、地方の人が主人公になっても理解を得やすかったのです。小説然り、漫画や映画もまた然り。
この作品が読者に伝えやすい素材だということは、そこにあるのです。
里見義頼の時代は、本能寺の変天正壬午の乱といった、いわゆる信長終末期。
里見義康の時代は、小田原征伐とはじめとする秀吉の時代。そして、関ヶ原という家康台頭の時代です。
この二人が、検眼豪華な安土桃山時代の冷静な傍観者でした。
里見忠義の時代は、徳川幕府創業の時代。このときに、幕府派閥に巻き込まれて、里見家は安房を追われることとなるのです。それは折しも大坂冬の陣のとき。
里見三代は、戦国の最後に寄り添う時代だったのです。しかも、三人とも短命でした。家康なんかしっかり三人分生きているのに……

「夏の波濤」は、里見義康の最期で、幕を終えます。


夢酔の里見作品には、ある方程式があるんですよ。
夢酔マニアは、実はもう気付いています。
里見家の歴史を、夢酔なりに解釈し、四季に例えているのですが、もう気がつきましたか?

141019_075801.jpg

里見家創業から犬掛合戦までの時代。
夢酔は発掘されない部分こそ想像を膨らませながらも、近年研究の成果を絡めて定説に拘らず新説に基づき、新しすぎた里見義豊と、時代に選ばれた若き里見義堯に帰結する「冬の光」を描きました。長い間、義豊像は若年説でした。しかし、国政を担う壮年であったことが分かってきたのです。なぜ、時代は義豊ではなく義堯を選んだのか。夢酔は時代に逆らう先見を抱いた故に、時代に選ばれなかったという義豊を描きたかったのです。
この作品は、「里見氏大河ドラマ化実行委員会HP」にて連載しておりました。

里見氏への第一歩となる、青岳尼強奪を軸とした、里見義堯・義弘の時代。里見の歴史で欠かせない二度に渡る国府台合戦を盛り込みながら、夢酔独自の解釈による朴念仁な優しい男である義弘像を盛り込んだのが、房州日日新聞で発表した「春の國」

太陽のような当主として里見義康を父・義頼ともども描いた「夏の波濤」

残りは、

里見忠義の時代は、冬ではなく、秋だと思います。
春を待つことも出来ず、益々厳しさに震える秋。実りを期待しながらも、裏切られ辛さを強いられる秋。
秋という季節は、四季の中で残酷でもあるのです。
それを象徴した季節に、里見忠義を投影します。

この作品を一日も早く送り出すことが、夢酔の使命かなと思います。

南総里見八犬伝は史実ではございません。
そんな当たり前のことが、400年間、忘れ去られていたのです。

DSC09511.jpg

ところで、夢酔はこの連載中、大勢の方から知識や情報を賜ったり一助を頂いたり、人の御縁の尊さに感涙したことは二度三度ではございませんでした。
そのためにも、形と為して御恩に報いたい。
そういうストイックさで挑む作品も珍しいことなのですが、そういうことがあってもいいのかなと思いました。
最終回を御覧になった皆さまが、その続きを知りたいと渇望して下さることが、いまの夢酔の知りたいところでもあります。










戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。


公式HPはこちら里見氏大河ドラマ化実行委員会

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2016/01/16(土) 20:44:27|
  2. 随筆・あっそう!里見発見伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「夏の波濤」カウントダウンvol.4 | ホーム | 「夏の波濤」カウントダウンvol.2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://musuitouzan.blog.fc2.com/tb.php/257-53febfc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)