散文小径

小説家です。時代小説を執筆しています。皆さまのご声援に支えられて描いております。よろしくお願いします。

2015年業務記録

大晦日になりました。
一年間ありがとうございます。

2015年の仕事をおし並べて、来るべき2016年への糧にしたいと思います。

連載
 「夏の波濤」房州日日新聞社連載中
 (12月31日現在、最終章を描いています。最終回は年明けです。)DSC00042.jpg

 「千人同心ノススメ」毎日新聞・東京新聞・産経新聞 秋川流域折込紙あおぞら連載:全4回終了
 (昨年暮れから打ち合わせしてたから、思ったより長いつきあいになりました)senninn.jpg

寄稿
 「歴史研究」
 第635号特集・因幡・伯耆の謎:倉吉~新田源氏の足跡
 第637号特集・大坂城真田丸の謎:大久保長安事件と里見氏
IMG_20151128_0001.jpg

 「全国里見一族交流会2014年会報」
 寄稿文:2014年をふりかえって
IMG_20150131_0001.jpg

講演会
  「松姫ものがたり」~八王子までの逃避行~さて小山田氏との関係は?(小山田情報館開設記念講演会:2015.3.29)
oya-ma.jpg

その他
 作品準備中
 「光と闇の跫」(新作準備稿)
 「里見太平記」(電子出版企画用)
 「萩原タケ物語」(高校生用脚本精査)
 「全国里見一族交流会2015年会報」(寄稿文)
 「歴史研究」(寄稿文随時)
DSCF4757.jpg

最後の「その他」について、一言。
準備稿はまるまる365日を費やしても、終わりませんでした。夏までにサクサクという気持でしたが、遅くなりました。理由は、ざっくり申せば、次のとおりです。
 1:初の武田関連モノということで、相当入れ込んでしまい構想が膨らんだこと。また、その整理がたいへんなこと。
 2:主体が小山田家からの視点であるため武田目線の定説に従えず、裏付け摺り合わせのため、取材調査が増えたこと。
 3:定説に代わる説を状況・文献・現地から考察するための猶予が費やされたため。
 4:小山田目線=郡内・都留郡目線であるため、在地伝承や古道、故事の調査が増えた。
準備稿だからざっくばらんな筋書き案だけを作り、あとから修正するつもりだったのですが、なかなかそうも行かなくなりました。しょっぱなに能舞台描写を持ち込んだため、すっかり凝って作る気分になったのが原因だな。takigi.jpg
能部分の調査を含めると、2014年から準備に入っていることになります。2014年9月にわざわざ薪能を観に行くくらいの事前準備をしたくらいですから。小山田とは間接的な部分に力を入れたおかげで、登場人物の性格設定もかなり変わりました。信茂と土屋昌続家老・新之丞や大蔵藤十郎の関係もマイルドです。新之丞と藤十郎は猿楽師・大蔵太夫十郎信安の子だから、この時代から信茂と絡ませている。こういう小技が重なると、どうしても筆が鈍ります。
準備稿にあたり、現在まで取材ならびメール等による情報確認や指導等を賜った公共機関・寺社・研究者並びに個人さま。この場をお借りして御礼申し上げます。これらの一覧は完成発表の場が来ましたら、参考文献ともども列記することがあると思います。
「夏の波濤」についても、同様に、連載が「形になった」際に表記する機会があるかも知れません。興味や研究の参考となりましたら、幸いです。

                 最後に。
仕事が上手く回せない反省をこめて、これから得度して参ります。turuturu.jpg             一年間、床屋代をケチったので落ち武者みたいな頭になってしまいました。身も心もま~るくなって、新年を出直そうと思います。
それでは、皆さま。
一年間、他愛のない散文におつきあい下さりまことにありがとうございました。来年は、もっとコメントを賜ったり、ちゃんとお返しの出来るような、読者と言葉のキャッチボールがしたいです。頑張ります!
これにて、2015年の散文小径。閉幕とさせて頂きます。
どなた様も、よいお年をお迎え下さいませ。

追伸。
得度しても仕事は納まりません







戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。


公式HPはこちら里見氏大河ドラマ化実行委員会

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2015/12/31(木) 08:43:28|
  2. 里見関連広告板
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<雪下出麦 | ホーム | さてさて、夢酔2015年の10大事件はなんだろう>>

コメント

良いお年を

藤山先生
こんにちは

今年も大活躍でしたね
小山田氏でかなり頭を悩ませていますか^^
そのぶん素晴らしい作品が読めるので私は嬉しいです^^

来年はさらなる活躍を期待しています
里見、小山田、千人同心、三田  あ~どれもツボにはいってる~

体調管理には気を使ってくださいね
  1. 2015/12/31(木) 12:07:00 |
  2. URL |
  3. ししん #y6CQ6xro
  4. [ 編集 ]

ししん様


そちらへコメントが書けなくて申し訳ございません。

戸石崩れ・川中島・義信事件・滝山城攻め・三方原以降、そして長篠。これらの定説を視点を変えて展開しています。そのため従来説を信用している方には、驚くか呆れるか、と思われます。それくらいのことをしなければ、小山田家を主体にする意味がございません。
遅れた分、じっくり取り組みまたいと思います。

今は頭頂が軽い状態です。年内どこまで働けるか、悪あがきしています。

来年もよい年でありますようお祈り申し上げます。
  1. 2015/12/31(木) 13:59:37 |
  2. URL |
  3. 夢酔藤山(むすいとうざん) #Gq//HHxQ
  4. [ 編集 ]

お世話になりました

夢酔藤山先生
今年は藤山先生や新しい出会いがあり、色々刺激を受けた一年になりました。
色々とお世話になりました。
来る年のご健勝とご活躍をお祈り申し上げます。
  1. 2015/12/31(木) 17:21:14 |
  2. URL |
  3. みかづきぼり #-
  4. [ 編集 ]

みかづきぼり様


今年は小山田情報館までお越し下さりまことにありがとうございました。
皆さまの知識ほどに脳は足りませんが、これからも色々と発信したいと思います。
よいお年をお迎え下さい。
  1. 2015/12/31(木) 17:33:50 |
  2. URL |
  3. 夢酔藤山(むすいとうざん) #Gq//HHxQ
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://musuitouzan.blog.fc2.com/tb.php/252-fc1e0d6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)