散文小径

小説家です。時代小説を執筆しています。皆さまのご声援に支えられて描いております。よろしくお願いします。

追悼 遠山あき先生

郵便ポストに喪中葉書がくる季節が来た。
もう11月だからおかしくはないのだが、日々その便りを手にしては、時として驚くこともある。
今日の葉書は、今年でいちばん驚いた葉書かも知れない。
tooyamaaki1.jpg
遠山あき
大正6年10月24日生まれ。昭和23年教員をやめて農業に従事。42年農民文学会に入会。52年「雪あかり」で千葉文学賞,54年「鷺谷」で農民文学賞。文学同人の槙の会を主宰。千葉県出身。千葉女子師範卒。

夢酔は幾度かお便りを出したこともあり、昨年10月5日に催された「里見450年供養」で来賓席に隣り合わせて頂きました。矍鑠とした姿に、まだまだ新しい文学を世に送り出して頂けるものと感じつつ、自らは極めてヒヨッコであることを自覚し初心忘れるべからずと戒めたものでした。
そのお葉書には、こうありました。
十月二十八日に享年九十九歳で永眠しました
まったく知らなかったので、驚いた次第です。
インターネット上では、ちゃんとニュースになっていたのにね。ほらhttp://www.chibanippo.co.jp/news/local/285761

御面識を賜り親しく言葉を交わしたのは、実はそのときが最初でした。
まさに一期一会。
人の世は、いつどこで逢う機を得るか逸するか、紙一重です。

遠山先生、長い間のご活躍、本当にお疲れ様でした。
心よりお悔やみを申し上げます。
tooyamaaki2.jpg


次の時代をしっかりと受け継ぐ責任がありますね









戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。


公式HPはこちら里見氏大河ドラマ化実行委員会

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2015/11/10(火) 21:33:21|
  2. 閑話休題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<歴史読本史跡めぐりツアー「横須賀製鉄所(造船所)創設150周年記念史跡ツアー」 | ホーム | 第49回大月市文化祭 、行ってきたよ……!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://musuitouzan.blog.fc2.com/tb.php/245-a2f7c189
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)