散文小径

小説家です。時代小説を執筆しています。皆さまのご声援に支えられて描いております。よろしくお願いします。

南総里見まつり 2015.10.17

一夜明けたので、体力30%まで回復。
肉筆で手紙書いたら、漢字の誤記が多すぎて愕然。まだ脳みそまで回復してないようだね。
さて。
あらためて2015年10月17日を振り返ろう。
まず、今回は最初から、夢酔はどこか壊れていたようだ。持参したカメラの充電を忘れたので、使えない荷物を抱えたことに(。>(ェ)<。)エエェェェ しかも、携帯電話の充電器も持ってこなかった。ガラケーだから省エネ行動で凌ぐしかない。そんなガラケーにカメラ機能も委ねる。なんということでしょう。

しかも……!
151017_060746.jpg日本丸きてるぞ。
IMG_20151019_0001-1カメラなくてすまん

今回は最初にやっておくことがある。
挿絵の打ち合わせだ。
いつもここで長居をしてしまう。気がつくとお昼前、ご飯一緒にと約束しているので、房日新聞へ急ぐ!
大事なことをお話ししたけど、
まだここでは云えないな。
数ヶ月待ってくれ。時が来たら話す。
3時にまた会う約束をして房日新聞社を辞し、南総里見まつりの会場へ足を運ぶ。
IMG_20150923_0001.jpg
今年は出陣式は海から。しかも、甲冑隊は少ない。どうしたのだろう。
どうやら天気が悪くて、17日朝に手作り甲冑隊は中止になったそうな。しかし、天気は雨の素振りもないまま、お昼を迎えた。しかも常連の、遠方からの出陣部隊は中止決定前に電車の中。諸般の事情はあると思いますが
「急に降られてもいいなら、いる人だけでも出陣しませんか?」
という一言が欲しかっただろうな。
いや、変だなぁと思ったんだよ。いつも里見を盛り立ててくれる「松戸手作り甲冑隊」の皆さんが、黒いTシャツ姿のままだったから、あれぇって。
残念でした。
DSC0000+6.jpg   DSC000+10.jpg
パレードでは役に扮した市長が伏姫のボディーガード風。DSC000+15.jpg        
停まると待ちきれずに、馬はぐるぐる回って、とうとう座り込んでおりました。DSC000+13.jpg
遠方から見物に来た人の目には、勇壮なイベントに映ったのかな。
それとも地元の祭くらいにしか見えなかったのかな。
意見はたくさん吸い取って、ぜひ、来年のにして欲しいと、心から祈るところです。
余所者の戯言ですので、館山の皆さま、お気を悪くなさらないで下さい!
パレード中、福井さんと房日新聞社長と3ショットを頂きましたが、それはサイドバーのリンクにある「福井功@まちづくりプロデューサーのブログ」から探してください。なんか貌が疲れているのが分かって、辛いぞ、夢酔!

3時から再び房日へ。
記者さんにご案内いただいた先は、稲の先の大井というところ。web版では紹介されていませんが、喜連川の嶋子さんのことに情熱を傾けておられる方が18日号に載るとのことで、ご案内頂きました。小弓公方系図を書いて人物関係を整理する等、きちんと研究されている方でした。新聞紙面を載せたいところですが、うちは郵便が届くのが遅いので、残念!
益々のご活躍を楽しみにしております。

夜はいつもの汐舟。
館山にきたとき、開いてたら必ず寄る場所です。前回は去年の高野山からの帰りのときに寄ったから……10ヶ月ぶり。なかなか泊まりで来られなくて、済みません。少し遅れて、山口幹事長が駆けつけて参りました。
カンパーイ
この日はお客さんが初物だという菜花をお店に持ってきました。10月なのに、菜の花です!
151017_182440.jpg151017_182705.jpg151017_183753.jpg
凄いですね。夢酔の棲息地では、考えられません。

途中で岡田館長夫妻がお出でになりました。会えてよかった!

来年は斬新な企画になればいいなとか、もともと城祭りからスタートだから出陣式はそこでやって欲しいなとか、山車と甲冑行列は上手に時間とかをズラして「観光祭」と「地元祭礼」の両方が際立てばいいなとか、四方山なことを含んだ毒もある話題をしつつ、夜が更けました。

この日は朝2時45分起床。
3時30分出発。
5時30分久里浜港着という、睡魔との戦いでした。プラスその前からの疲労蓄積でしたからね。
部屋に帰ったら、すぐに寝落ちしました。



おまつりに関わった皆さま。151017_133145.jpg                               お疲れ様でした!

翌日編もハードだったので、更新をお楽しみに。






このblogの特徴は、どうにも写真の右側が欠けやすいという点です。
写真をクリックすると、消えている部分を含んだ全体像が紹介されるので、
御手数でも、関心のある写真はクリックしてください。
隠れたキャラクターが見つかったら、ラッキーですよ~(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」オオオオオッッッ







戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。


公式HPはこちら里見氏大河ドラマ化実行委員会

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2015/10/19(月) 22:28:43|
  2. 随筆・あっそう!里見発見伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<南総里見まつり後 2015.10.18 | ホーム | 南総里見まつり2015>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://musuitouzan.blog.fc2.com/tb.php/241-1130db96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)