散文小径

小説家です。時代小説を執筆しています。皆さまのご声援に支えられて描いております。よろしくお願いします。

シリーズ・里見家のおんなたち 14

 里見家に生を受けた女。
 里見家に嫁いだ女。
 円満な者も、不遇な者も、女たちの数だけ笑いもあれば涙もあったことでしょう。そんな里見家のおんなたちは、おおよそ、実名の残されていない者が多かったのです。院号または通り名で後世に伝えられる女性の逸話を、ひととき一緒に語りましょう。


 厳密にいえば里見家ではございませんが、父親が一族並の厚遇であったため、こちらに記したい女性がいます。
万、のちに養珠院と号す女性。
 彼女は徳川家康の側室となり、紀州徳川家および水戸徳川家の生母となり、改易後の里見家臣の救済にも心を配ったとされます。
 勝浦には彼女の像があり、生誕の地と顕彰されていますが、恐らく万は伊豆の生まれでしょう。彼女の父・正木頼忠には、人質として小田原北条氏のもとにいた時期がありました。第二次国府台合戦の後、頼忠の父・正木時忠は里見氏からの自立を目論み、北条氏康に背信し属したのです。そのとき次男である頼忠を人質として、小田原城に送ったとされます。頼忠は小田原において結婚しました。頼忠が妻としたのは、北条幻庵の孫にあたる北条氏隆といわれます。また、北条家第2代当主・北条氏綱の四男・北条氏尭という説もあります。彼はこれにより、北条の眷属に迎えられたのです。
 ここで子宝を得たのです。
 時忠と兄・時通は、その後、後北条氏から離れ里見氏に再属することとなり、通常なら殺されてしまうところ、既に頼忠は後北条氏の縁戚となったため、命だけは許されたのです。ただし、その日常生活は厳しく監視されたことでしょう。
 兄・時通が急死し、また父・時忠も死去したため、頼忠は勝浦正木氏の家督を相続するために、恐らく人質交換により勝浦城に戻りました。しかし、妻子は小田原に残すことになったのです。この家督相続まで名乗っていた「時長」を、このときから「頼忠」に改名しているのです。
 のちに万の生母は、北条氏家臣・蔭山氏広と再婚しています。
 万はこの義父の元で育てられることになります。伊豆で成長した万は16~7歳の頃に徳川家康に見初められ、側室となったのです。慶長7年(1602)3月に長福丸(後の徳川頼宣)、翌年8月には鶴千代(後の徳川頼房)を、万は出産しています。慶長8年(1603)には、長福丸には常陸国水戸20万石が与えられた。慶長6年(1606)には、鶴千代に下総国下妻10万石が与えられた。慶長14年(1609)には、長福丸は駿河国・遠江国50万石に、鶴千代は水戸25万石に移封された。後に頼宣は紀州徳川家初代藩主に、頼房は水戸徳川家初代藩主になったのです。
 義父となった蔭山氏広の家では、代々日蓮宗を信仰していました。
 そのため、万もその影響から日蓮宗の心性院日遠に帰依したのです。家康は浄土宗であり、日頃から宗論を挑む日遠を不快に思っていました。そこで、江戸城での問答の直前に日蓮宗側の論者を家臣に襲わせて日蓮宗側は半死半生の状態とさせて、浄土宗側を勝利させてしまったのです。この不法な家康のやり方に怒った日遠は身延山法主を辞し、家康が禁止した宗論を上申した。これに激怒した家康は、日遠を捕まえて駿府の安倍川原で磔にしようと画策したそうです。
 このとき万は家康に日遠の助命嘆願をするが、家康は頑と聞き入れなかったそうです。すると万は
「師の日遠が死ぬ時は自分も死ぬもの」
と、日遠と自分の2枚の死に衣を縫うのです。これには家康も驚いて、仕方なく、日遠を放免せざるを得ませんでした。この万の勇気は、当時かなりの話題になりました。後陽成天皇も万の行動に感激し、天皇が自ら「南無妙法蓮華経」と七文字書いた物を賜ったのでした。
 彼女は家康死去ののち、元和5年(161年)8月、身延山で法華経一万部読誦の大法要を催し、満願の日に七面山に向かったとされます。そして、承応2年(1653)に万は死去しました。

 静岡市葵区の沓谷にある貞松山蓮永寺は日蓮宗の一寺です。
 日蓮の高弟・日持によって庵原郡松野村に開創された蓮永寺は、その後、衰退し荒れ果ててしまいました。これを万の発願により、元和元年(1615)、駿府城鎮護の寺として現在の沓谷に移し、再興されたのです。信仰が彼女を支えたのか、正木家の根が導いたのか、とにかく彼女は終生、日蓮宗徒としての筋を曲げることはなかったのです。
 蓮永寺の境内には、万の供養塔や勝海舟の母と妹の墓などがあります。
 また、寺宝として万の奉納した岩蒔絵文台および硯箱等が保存されているそうです。

 

                  ◆    ◆    ◆



戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「2014年に里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!
ポスター




人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2012/04/30(月) 06:39:10|
  2. 随筆・あっそう!里見発見伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<リポート・全国大河招致活動模様 | ホーム | 安房、後日譚>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://musuitouzan.blog.fc2.com/tb.php/24-8096ca4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)