散文小径

小説家です。時代小説を執筆しています。皆さまのご声援に支えられて描いております。よろしくお願いします。

いよいよ、南総里見まつり

10月17日(土)まで、あと10日ほどになりました。
そうです。
IMG_20150923_0001.jpg
第34回南総里見まつりです。
今年は芸能人が来ないから、純粋な地域のまつりになるのかな?
でも、芸能人で左右されるようでは、ダメです。
八犬伝に引き摺られる武者行列ですが、いつかは実在家臣団として八賢臣による武者行列をして欲しいと願います。35回目の次回くらいから、ぜひご検討くだされ、観光協会様
8人セレクトするなら、この方々がいいな。
 正木大膳亮時茂
 堀江能登守頼忠
 岡本四郎兵衛頼重
 正木左近大夫頼忠
 印東采女佐房一
 薦野甚五郎頼俊
 中里備中守実次
 里見揚安斎
そして賓客として、ぜひ喜連川頼氏隊を小弓公方衆としてお迎えして欲しいものです。
願望ですね。
運営される方のどなたでもいいから、ご検討ください~






準備稿のネタ……いや、燃料投下。
東美濃の両属バランスが崩れたのが元亀3年。武田信玄が西上作戦を開始した時期と重なる。信玄の狙いは、本当は上洛ではなくこちらの確保か?
そんなことを思案し続けていたら、朝になっていた……(●´∀`●)?
次回準備作は、定説への挑戦が続いて頭がショートしそうです。
何もなく手探りだった里見とは真逆の苦しみを味わっています……!




ところで、房州日日新聞。
現在は犬伏の別れの場面もさらりと流し、宇都宮城を中心においた〈東の関ヶ原〉を展開中ですォ━━(#゚Д゚#)━━!!

まつりの頃までに終わるかな。

直江。真田。歴史の有名人が大勢入り乱れるのが本章の見どころです。
犬伏の場面は終わりました。
中央のドンパチとは裏腹に、下野を中心とした静かな駆け引きが続いていますが、誰も触れてこなかった(かな)と思う舞台です。

お読みになった方々のご意見ご感想が、楽しみです



このblogの特徴は、どうにも写真の右側が欠けやすいという点です。
写真をクリックすると、消えている部分を含んだ全体像が紹介されるので、
御手数でも、関心のある写真はクリックしてください。
隠れたキャラクターが見つかったら、ラッキーですよ~(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」オオオオオッッッ






第34回南総里見まつり開催決定!!IMG_20150923_0001.jpg
http://satomi.tateyamacity.com/


戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。


公式HPはこちら里見氏大河ドラマ化実行委員会

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2015/10/06(火) 06:12:27|
  2. 随筆・あっそう!里見発見伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<歴史のイベント 彩とりどり | ホーム | 2015年の9月も終わるので、ふと顧みることを覚えよう>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://musuitouzan.blog.fc2.com/tb.php/236-d8cb5eac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)