散文小径

小説家です。時代小説を執筆しています。皆さまのご声援に支えられて描いております。よろしくお願いします。

夏の波濤 挿絵の打ち合わせ

※PCバグって写真が勝手に差し替わったり、いろいろ見づらくて御免なさい。13:30復旧しました。

9月22日(火)、午前3時起床。夢酔は東京湾フェリー始発派なので、早起きです( ̄^ ̄)ゞキリリ!
今日は、房州日日新聞連載作品「夏の波濤」の関ヶ原以降のパートの、挿絵協議です。「春の國」のときは丸っきりオマカセしてましたが、今回は連載開始前から綿密に打ち合わせし、こうして時々はお邪魔して南房総をついでに満喫することにしています。
150922_053510.jpgAM5:30、久里浜港で夜明けのご来光を仰ぎます。入口が開くまでの間が、退屈ですが、仕方ない。周りはゴルフバッグを担いだ方々ばかりで、胡散臭いオーラを漂わせるおっさんに不審な眼差しが注がれても、我慢だ、我慢するしかない。
DSC001.jpg優雅な船旅
船旅の小ネタは、別口でまた書くよ。とりあえず、今日は挿絵ネタに集中だォ━━(#゚Д゚#)━━!!
DSC00025.jpg
DSC00032.jpg
ちゃっかり途中で山登りっぽいことをしたけど、この小ネタは、嫁はんの山blog「背負子マウンテン」に放り込んでおきます。歴史好きと山好きは比例すると、夢酔は信じてる。興味があったら、本格登山(アヤシイ)の世界を一緒に満喫してください。

ごめんね。
寄り道が多いのが、夢酔流の旅です


寄り道ついでに、道の駅三芳村へ。凄いんだよ。足湯があるんだから。DSC00035.jpgDSC00037.jpg夢酔は野菜を、ここと富山で買う。
安房国は、もう正月から路肩に菜の花が咲くような温暖な地です。凄いですよね。夢酔の棲息する山寄りの地帯とは、別の気候なんです。それなのに、ちょっと驚くことがありました。DSC00040.jpg  どんなに温暖でも、彼岸花が咲くのは、どこでも共通みたいですね。こういうことは、日本共通の風物詩なのでしょうか。

クリックギャラリーsfk 挿絵を担当されている山鹿公珠先生のギャラリーです。
DSC00041.jpg      前も、上野原取材でノートのペンチラしましたね。こういうお仕事って、あまり皆さんにお馴染みないから解りにくいでしょ。作業はダメだけど打ち合わせくらいならということで、山鹿先生のご了解を得て、写真を撮影させて頂きました。あまりこういう場は、世間的に見えない作業で、気になる人もいたんじゃないかな。文を書く人と絵を描く人の作業は、お互い二人三脚の重労働だなぁと思ってくれたら、この試みもやった甲斐があったというもの。
今回は、これから登場人物のひとりが携わることとなる上州板鼻について、お話しをしました。
DSC00042.jpg 上州のこと、房州の読者はあまりシックリ来ないですものね。しかも、板鼻ってどこ~?確かにメジャーな観光地じゃありません。
このblogでも、過去に二回ほど、板鼻については現地取材の様子を紹介しました。でも、解りにくいでしょ?
      
板鼻散歩 2012-04-09
知ってください -館山市広報 だん暖たてやま-2012-05-07
もちろん、山鹿先生は足を運んだことがない。想像に頼るしかない訳です。夢酔からの一元的な情報に頼りながら、それでも素晴らしい画を描く。この成果は、ぜひ房州日日新聞紙面でお確かめください。
ひとつだけボヤかれたのは、兵法者描写の場面。
お互い武芸に疎いですからね……ふふふ。でも、ある意味、今回の作品は「武芸」もふんだんに盛り込まれているのでございますよ ヽ(*>□<*)ノキャ━━ァ♪
伊藤一刀斎、小野忠明、柳生宗矩、奥山休賀斎、木曾庄九郎にこののち登場する塚原五左衛門。ひょっとしたらあの有名な二刀流も……?山鹿先生、お覚悟召されよ。

本日、やっておきたいことがもうひとつ。
館山市観光協会HPにございます「たてやまファンクラブ」のMEMBER’S CARDを作ろうと思っておりました。念願適って、やっと申請。少しでも館山市のお役に立てればと思っております。
作ったよ
   
IMG_20150923_0002.jpg
興味のある方は、ここを観てください。
行かなくても登録できるそうな。

世間は、シルバーウィークだよね。

東京湾フェリーの搭乗台数超過して、次の便にDSC000.jpgDSC00048.jpg
こうして、怒濤の1日を満喫しましたDSCF4537.jpg



このblogの特徴は、どうにも写真の右側が欠けやすいという点です。
写真をクリックすると、消えている部分を含んだ全体像が紹介されるので、
御手数でも、関心のある写真はクリックしてください。
隠れたキャラクターが見つかったら、ラッキーですよ~(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」オオオオオッッッ





おしらせ
小山田情報館発令、今後のイベント情報です。  
9月27日(日)松本憲和氏講演「趣旨:小山田信茂は逆心にあらず、演題未定」(13:30-15:00・大月市民会館4階視聴覚室)  
10月末から11月初頭:大月市文化祭にて小山田家に関する展示(詳細は未定・大月市民会館)
おたのしみに。
夢酔も、行くよ。




第34回南総里見まつり開催決定!!IMG_20150923_0001.jpg
http://satomi.tateyamacity.com/


戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。


公式HPはこちら里見氏大河ドラマ化実行委員会

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2015/09/23(水) 11:04:17|
  2. 随筆・あっそう!里見発見伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<海の路 水軍の路 | ホーム | 続 滝山城、攻める気持と攻められる気持を考える>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://musuitouzan.blog.fc2.com/tb.php/232-4e2832c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)