散文小径

小説家です。時代小説を執筆しています。皆さまのご声援に支えられて描いております。よろしくお願いします。

続 滝山城、攻める気持と攻められる気持を考える

ええと。
本題の前に報告です。
実行委員会HPによりますと
「2015年9月15日、NHKに里見氏大河ドラマ化を要望してまいりました」とのことです。
ぜひHPを御覧ください。

それから。
そごう千葉地階ギャラリーにて里、見渡せば里見人展示会が始まりました。
9/15(火)~9/21(月)。
10:00~20:00 (最終日は16:00まで)。

satomi--.jpg
連休最初の土日が噛み合いますね。
お時間がございましたら、ぜひ御覧ください。
そごう千葉


じゃあ、本題にはいりま~す。

9月18日(金)、上野原市立図書館に寄らせて頂きました。
資料確認に際し色々と懇切なる御対応を賜り感謝申し上げます。
吉岡先生におかれましては、御当地ならではの情報を承り、厚く御礼申し上げます。

この上野原に来る前、夢酔は昭島市と八王子市、多摩川の対岸同士にあたる場所を確認して参りました。
地図はクリック
     平の渡しです。
ただ、天気も悪くて、よく観られなかったです。この渡し場から滝山城を攻めるため、武田勢は浅瀬を越えていったそうです。DSCF4481.jpg渡し場跡の対岸には、現在も平町があります。渡し場の名残の地名ですね。新興住宅地になっており駐車場に困りました。近くの大蔵院に駐車場がありましたが、墓参以外はお断りとあり、断念。こういうところはご迷惑かけないのが夢酔流。大蔵院の隣高台に鳥居があるので、なんとか裏手に廻ってみたら、そこはオリンパス。お互いの景色を見比べたかったのですが、残念です。
武田信玄本陣は拝島大師辺りにあり、諏訪勝頼の陣はここを渡った先の尾崎山。SCF4484.jpg現在このあたりには中央自動車道八王子ICがあります。

これを確認した上で、上野原へ。

色々と知り得るのは、御当地ネタです。150919_175245.jpg                       面白いでしょ。こんなことメモっているんですよ。
今回は毒にも薬にもならない内容なので、特別に( ^ω^ )ペンチラ

上野原城と呼ばれた場所へ行ってみました。
上野原は高台の上にあり、その眺望が利く先端部に縄張りがあったようです。土地の人は「城(じょう)っぱけ」というそうです。吉岡先生がおっしゃるに、この城は「内城」というのが正しく、「上野原城」は後世の呼称とか。その敷地範囲は、ざっくりと中央自動車道が削り取ってしまったそうです。DSCF4486.jpg
残っているのは、これだけDSCF4487.jpg
DSCF4491.jpg
勿体ないですね。
その吉岡先生曰く、
「内城とあるが、内という地名がどこにもない」
とのこと。先生は「内」ではなく「羽置」が正しいという説を唱えておりました。羽置庄から来た語源なのでは、いうのです。こういう声は、定説や常識や教科書では知り得ないことで、御当地取材をした者だけの特権という気がします。正否は別としても、面白いお話しです。

せっかくなので、この前行きはぐった西原の一宮神社に。DSCF4494.jpg
大きい神社でした。びっくり
どうか、作品がいい着地点に向かいますようにDSCF4498.jpg

このblogの特徴は、どうにも写真の右側が欠けやすいという点です。
写真をクリックすると、消えている部分を含んだ全体像が紹介されるので、
御手数でも、関心のある写真はクリックしてください。
隠れたキャラクターが見つかったら、ラッキーですよ~(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」オオオオオッッッ

今回も一枚だけ、隠れ夢酔があります




第34回南総里見まつり開催決定!!
http://satomi.tateyamacity.com/


戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。


公式HPはこちら里見氏大河ドラマ化実行委員会

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2015/09/19(土) 21:39:37|
  2. おやま~小山田
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<夏の波濤 挿絵の打ち合わせ | ホーム | 秋の里見 快進撃>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://musuitouzan.blog.fc2.com/tb.php/231-49b6cf94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)