散文小径

小説家です。時代小説を執筆しています。皆さまのご声援に支えられて描いております。よろしくお願いします。

安房、後日譚

2012年4月14日(土)、里見氏城跡(稲村城跡・岡本城跡)国史跡指定記念―シンポジウム「関東戦国史のなかの里見氏」と祝賀のつどい―が開催されました。
改めまして、主催されました特定非営利活動法人(NPO) 安房文化遺産フォーラムさま。
お疲れ様でした~。

一度にどかんと伝えるには、内容濃いので、整理しながら小出しで報告しますね。
シンポジウムについて、既に房州日日新聞を読まれた方もいらっしゃることでしょうが、ちょっとUPします。
2012.4.17号
2012.4.18号
そして、毎日新聞2012.4.15号にも。
これら記事の素材は、「特定非営利活動法人(NPO) 安房文化遺産フォーラム」より転記いたしました。
今回、シンポジウムの主催者です。

……そして。
2012年4月15日(日)、里見氏城跡(稲村城跡・岡本城跡)国史跡めぐりバスツアーが開催されました。
いま一度、主催されました特定非営利活動法人(NPO) 安房文化遺産フォーラムさま及び館山市の関係各位さま。
本当に、お疲れ様でした~。


このバスツアー終了後、夢酔も混ぜてもらった有志で、いろいろスポットを廻りました。
ご案内いただいたのは、里見氏大河ドラマ化実行委員会副会長でもあります山口幸夫さん。山口さんは今や手作り甲冑普及の大物です。維持費や重量に困っている自治体も、発想の転換で、こういうコストダウンで軽量で、しかも本格的な甲冑に切り替えるチャンスかもしれませんよ。
南総里見手づくり甲冑愛好会」をクリックすれば、その活動に触れることが出来ます。
山口さんと一緒にお誘いくださったのは、倉吉市をはじめまちづくりプロデューサーとしてご活躍の福井功さん。そのアクティブな活動は、福井さんのblog「福井功@まちづくりプロデューサーのブログ」にて、ご堪能ください。

館山市の「里見桜」は、里見忠義公が最期を遂げた地・倉吉から、せめて桜に代えて里帰りをさせた企画モノ。
平成19年にはじめての植樹がされました。
房日新聞記事参照
房日新聞記事参照
福井さんにとっても、植樹に携わった大切な桜です。13日に夢酔は山口さんと一足に見ておりましたが、あらためて、福井さんと桜巡りです。

福井さんはこの足でお帰りになりました。
山口さんとも、そのあとお別れしました。
お二人とも、ほんとうにありがとうございました。

夢酔、陽のある内に、市内の里見史跡を巡りました。
大巌院~福生寺。もっと見たかったのですが、陽が暮れてきたので、撤収です。

報告blogはこれにて、ですが、いろいろ宣伝しますね。

稲村城跡の国史跡指定記念の冊子第5集刊行
DSC09688.jpg
記事を参照くださいませ。

ぐんま里見の郷 再発見伝
DSC09690.jpg
里見氏発祥の地、群馬も盛り上がっています。

これら二点は、どしどしご注文ください~。


                   ◆       ◆       ◆



戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「2014年に里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!
ポスター




人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2012/04/26(木) 00:01:56|
  2. 里見関連広告板
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<シリーズ・里見家のおんなたち 14 | ホーム | 里見氏城跡(稲村城跡・岡本城跡)国史跡指定記念―シンポジウム「関東戦国史のなかの里見氏」と祝賀のつどい―>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://musuitouzan.blog.fc2.com/tb.php/23-ca866735
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)