散文小径

小説家です。時代小説を執筆しています。皆さまのご声援に支えられて描いております。よろしくお願いします。

安房と里見と学生と

8月28日(金)。
立教大学広告研究会 海の家 CAMP STORE が終わりました。62年間という歴史ある活動です。脱帽です。
こちらに紹介が載っております。
ぜひ一読ください。
http://www.gakuseikyosan.com/search/detail.php?member_id=65

里見氏大河ドラマ化実行委員会HPでも紹介されておりますが、
今年のCAMP STORE は実行委員会とのコラボがあったそうです。
不義理なことですが、
この夏、夢酔は安房へ足を運ぶことが出来ませんでした。
学生さんたちの活動を見守ることが出来なくて、御免なさい。
今度は、皆さんがCAMP STORE 甲冑隊を率いて、南総里見まつりに参じてくれたらいいなと思います。
一人でも多くの若い人に、こんな戦国大名が「首都圏に近いところにいたんだ」ということに気付いて頂けたなら幸いです。
学生さん、お疲れ様でした。

いよいよ近付いてきましたね。
倉吉せきがね里見まつり。
今年は、違う熱気に包まれそうです。
こういう立ち上げがございましたので、里見氏にご理解のある方以外の御観覧も多いことでしょう。
      
9月6日(日)開催〈第30回倉吉せきがね里見まつり〉に鳥取県代表・中野郁海が出演!
でも、特定アイドルファンを通じて、里見氏を識って貰えればいいと思います。どうか、識ってください。

第30回倉吉せきがね里見まつり
[会場]
倉吉市立山守小学校周辺
[開催日時]
9月6日(日) 14:00〜17:00
◯第10回倉吉里見時代行列
11:00〜11:20 法要・出陣の義
(大岳院)
11:20〜12:00 時代行列
(大岳院→元帥酒蔵→赤瓦一号館→豊田家住宅)
12:10〜14:05 立ち寄り
(北野神社/関金都市交流センター/関金温泉湯の関番所)
14:30〜14:45 里見まつりステージイベントオープニング
(倉吉市立山守小学校)

昨年、倉吉でお世話になりました伯耆里見会副会長から
「今年は来られますか~?」
とお電話を頂きました。心苦しいのですが、今年は予定が合わない旨をお伝えしました。お心に留めて頂いて恐縮です。微力な夢酔にとって、こういうちょっとしたお気遣いが、前へ進む力に繋がっているのです。頑張ろう、頑張るしかない……!
IMG (8)去年こうでした

宣伝ついでで御免なさい。
もうひとつ!

【歴史講演会のご案内】
演題「戦国の世と小山田信茂氏」(仮)
講師 松本憲和氏
日時:9月27日(日)13:30~
場所:大月市民会館 4階視聴覚室
     (〒401-0012山梨県大月市御太刀2丁目12-23 ℡0554-22-4811)
主催:大月市郷土研究会
【講師紹介】
松本憲和氏
昭和29年生まれ
国語専門塾「A.S.N.ニルの学校」塾長
著書
『諏訪の八重姫登場―風林火山はもう古い』『武田勝頼「死の真相」―理慶尼記の謎を解く』
『武田晴信朝臣百首和歌 全釈―信玄公の初恋』『クイズで学ぼう!古典文法[基礎編]』
このことは左のサイドバーにあるリンク「富士山と御師の物語〜つれづれに書き連ねる〜」にも載っています。

夢酔のこの夏は、なんだか慌ただしいまま終わりました。
蒔いて育てた四方山なことが、秋に実ることを祈ります……
150620_081625.jpg
ついでばかりで済まぬ。
歴史研究次回号に(小説じゃない)駄文を晒すかもしれん。








第30回倉吉せきがね里見まつりクリック
倉吉里見時代行列
日時:平成27年9月6日(日)11:00~14:45
ステージイベント
日時:平成27年9月6日(日)14:00~17:00
会場:倉吉市立山守小学校

thumb-4130_500-708.jpg






戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。


公式HPはこちら里見氏大河ドラマ化実行委員会

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2015/08/30(日) 08:16:51|
  2. 随筆・あっそう!里見発見伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<第30回倉吉せきがね里見まつり | ホーム | 刀は物云わず真実を識っている>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://musuitouzan.blog.fc2.com/tb.php/225-a35c7efc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)