散文小径

小説家です。時代小説を執筆しています。皆さまのご声援に支えられて描いております。よろしくお願いします。

高野山1200年便乗コラム⑤

 2015年、開創1200年の高野山。
 房州日日新聞で連載されている「夏の波濤」前半は、豊臣秀吉の時代を描いています。織田信長に代わり、一気に時代を駆け上った、一己の麒麟児であり寵児ともいえる天下人です。この天下人は、旧主・織田信長のやり残した事業を成し遂げていくのですが、そのひとつが高野山仕置でした。その同盟勢力である根来寺の寺社勢力の中核が〈雑賀衆〉。信長を苦しめた本願寺一向衆に加勢し、鉄砲でその名を馳せました。秀吉と家康が直接武力衝突をした唯一の一戦が〈小牧・長久手合戦〉、このとき秀吉の背後を脅かしたのが雑賀衆でした。
 秀吉の根来征伐は容赦のないものだったと伝えられます。圧倒的な物量の前に、根来寺は屈しました。その直後、秀吉は高野山に降伏を促します。高野山側は受け入れざるを得なかったそうです。
 
 この畿内抗争の頃、里見家は北条との駆引きをしつつ、上総進出の機会を窺っていました。海商の情報から、秀吉のことは耳に入っていたでしょう。西門院からの情報もあったかも知れません。
 この頃でしょうか。里見義頼は羽柴秀吉との縁を結ぶよう、行動を起こしています。

 豊臣秀吉が高野山に登ったのは、文禄二年(一五九三)のこと。このとき建立されたのが、青巌寺です。その隣に建立されたのが興山寺。この寺は秀吉に降伏交渉を行った木食応其により建てられました。この青巌寺・興山寺の二つを合併し、明治以降にここを〈金剛峰寺〉と改めたのです。現代の金剛峰寺は、まさにここです。しかし金剛峰寺はこれまでも称されていました。高野山全体をして、金剛峰寺と称していたのです。DSC00063.jpg                         ここが青巌寺と呼ばれていた頃、ひとつの出来事がありました。
 関白秀次切腹です。
 秀吉の甥にあたる豊臣秀次は、人倫甚だ卑しく〈殺生関白〉と蔑まれる程で、遂に秀吉の逆鱗に触れ、青巌寺へ蟄居させられたというのです。そして切腹を命じられ、果てたとされます。秀次切腹の間が残されています。ここを〈柳の間〉といいます。
 豊臣秀次は本当に非人道的な人物だったのでしょうか。
 恐らくは違うと思います。
 これは常々夢酔が提唱する
「勝者・為政者の都合よい歴史」
の純粋な犠牲者だろうと考えています。たいがい非業の最期を迎えた人物で体制にそぐわない人物は、総じて悪逆非道が誇張されています。誇張されればされる程、体制に抹殺された人物といっても過言ではない。
 里見義康はたびたび上洛して、秀次とも面識はあっただろうと思われます。
 この切腹が豊臣家の命運を縮める要因になったことは、間違いない。秀吉の縁者である男子は、秀次が没したことで誕生したばかりの秀頼だけとなります。秀吉死後の豊臣政権は、この切腹で土台が崩れ去ったといえるでしょう。
 得したのは、やはり徳川家康だった。

 里見家はこの頃から、徳川家と緊密になっています。家康の懐柔策だろうと思いますが、秀吉死後、関ケ原において里見義康は宇都宮城で結城秀康に従い上杉景勝に備えた功で加増を得ました。おかげで江戸幕府開設当初は、関東最大の外様大名となります。


 話は変わりますが、皆さんは高野豆腐好きですか?
 その製法は、冬期に豆腐を屋外に放置してしまったことからという偶然説だそうですが、豆腐って、屋外に放置しておくものなのか、突っ込んではいけない部分はスルー。いわゆる凍り豆腐ですね。
 こうや豆腐普及委員会なるものを発見しました。
 ここ。  
      http://www.kouya-tofu.com/
 インターネットでは色々な調理法が紹介されていますね。精進料理の和洋折衷を楽しめます。
 高野豆腐はおよそ800年前の鎌倉時代に高野山の僧侶たちの手によって作られたそうです。精進料理として食べていた豆腐が冬季に凍り、翌朝それを溶かして食べてみたところ、美味しい食感に変わっていたということらしい。動物性食品を禁じつつ、厳しい修行と勉学に明け暮れる僧侶たちを支えたのが、この高野豆腐なのです。
 夢酔も行ったときに買ってきましたが、お土産としてこれほど喜ばれたものはなかったです。あと、高野くんのマーク入りお菓子も喜ばれた。1200年イベント中は、お土産屋さんも大忙しですね。









戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。


公式HPはこちら里見氏大河ドラマ化実行委員会

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2015/06/25(木) 20:34:06|
  2. 随筆・あっそう!里見発見伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<高野山1200年便乗コラム⑥ | ホーム | 安房2015年6月>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://musuitouzan.blog.fc2.com/tb.php/213-58cac24c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)