散文小径

小説家です。時代小説を執筆しています。皆さまのご声援に支えられて描いております。よろしくお願いします。

高野山1200年便乗コラム①

2015年。開創1200年の高野山は、内外からの観光客で大賑わいと思われます。皆さま、もう足を運ばれましたか?
1200年前、果たしてどのような時代だったか、想像出来ますでしょうか?
時の帝は、嵯峨天皇。平安京が誕生して約20年余、未だ魑魅魍魎や百鬼夜行の信じられていた頃、貴族は為政者ではなく権力者でした。当時の信仰は国家鎮護といいつつも、究極は己の欲得のためのものです。
空海がみた風景と、権力者のみるものは、同じ世界でありながら異なる感性だったのかも知れません。
816年、空海は嵯峨天皇から修験道場として高野山の下賜を請い、許しを得ました。衆人に形を示すためには、権力者に頼ることも必要だったのでしょう。

以来1200年。
真言密教の聖地は時代を超えて、現代に至ります。

藤原道長を頂点とした貴族の信仰は、あらたな支配者たる武士に受け継がれていきます。最初に厚い帰依を傾けたのは、平清盛でした。清盛は落雷で焼失した根本大塔を再建したと伝えられます。残念ながら、このときの大塔は、1521年の大火により焼失しました。現在の大塔は昭和12年に再建されたものです。
その後に高野山を信仰したのは、北条政子でした。ただし女人禁制ゆえ、山上世界を目にすることはありませんでした。
室町三代将軍・足利義満も厚く帰依しました。
とにかく武家の頂点を極めた者は、高野山を崇敬したようですね。
この風潮は、戦国時代になると色濃く反映されます。

天文22年(1553)9月、上杉謙信が高野山を詣でました。戦国武将が直接詣でる事例は、滅多にありません。代わりに使いが往還し、領国の信徒が足を運び、情報が飛び交ったことでしょう。その領国のための宿坊契約が顕著になり、戦国時代、ある意味では高野山の活性期を迎えたと考えられます。
はじめて高野山を歩いた方は、山の上が一己の町になっていて驚いたことでしょう。そして、随所に宿坊があってビックリしたのではありませんか?あれ、坊主民宿などと誤解しないで下さい。れっきとした塔頭というか、寺院であります。参詣の信徒を迎えて下さる、そういう意味ですので
「飯はどーだ」
「風呂はあーだ」
「居心地がこーだ」
などと罰当たりな我が儘はいけませんよ。般若湯が頂けるだけでも有難いと思わなければ♪
宿坊契約と戦国大名の関連も、理由はあったのです。寺社などには荘園経営というものが存在していました。この図式は戦乱の世で荘園制度の有名無実化に繋がってしまいます。これは、全国のあらゆる寺社総本山共通の悩みだったことでしょう。高野山は各寺院が所有していた荘園寺領を押領から守るため、特定の有力な武士との間に、一種の檀家制度である師檀関係や宿坊契約を結ぶことで、寺領の保全に務めたものと考えられます。ただでさえ、弘法大師空海のネームバリューは大きいですからね。その総本山との契約行為は、戦国大名のステータスだったかも知れません。弱小ならお呼びでない、戦国時代の力関係が如実に垣間見えます。
高野山奥之院には、実に多くの戦国大名の墓石が並んでおります。武将と寺院との師檀関係により、一族などの墓石や供養墓が数多く建立されたものと考えられます。云うなれば、師檀関係や宿坊契約を結べる大名だけの、特権だったのかも知れませんね。
IMG_.jpg今年、高野山に行く方。ぜひ奥之院に足をお運び下さい。
もう行ってきたよという方。奥之院を観ましたか?そこに並び立つ墓石群を観ましたか?壮観だったでしょう。
でも、里見忠義供養塔を観てきてないんじゃないですか?
あんなに大きくて立派なものを観てないのは、勿体ないですよ。











雑誌「歴史人」のweb版でこんな企画しています。
歴史人公認ブログ隊募集中! http://www.rekishijin.jp/rekishijin-offcial-blog/  
ワシは連載と自分のblogで手一杯だ。
誰か、里見の伝道師となって世に布教してください。about_rekishijin.jpg


<戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2015/05/30(土) 07:38:57|
  2. 随筆・あっそう!里見発見伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<高野山1200年便乗コラム② | ホーム | 利休>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://musuitouzan.blog.fc2.com/tb.php/208-23f75c62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)