散文小径

小説家です。時代小説を執筆しています。皆さまのご声援に支えられて描いております。よろしくお願いします。

【北条五代】大河ドラマ化のライバル

今日、滝山城に行ってみた。
ここは北条氏康次男・氏照の居城だった。
当然、このような幟が立っている。
DSCF4003.jpg

里見家と北条家は、こうして現代においても、静かな戦いを繰り広げているらしい。

こういう前置きをしたのは、そうでも書かないと、今回里見のネタがないからで、ずるい大人の詭弁として触れたまでだ。
本音で云えば、青色吐息な準備作の現地確認のためという下心が丸出しのハイキングに過ぎない。一応、里見氏応援blogなだけに良心が痛むから……そういうことにしてください。

今回ははじめての試みだが、嫁はんの山blogとの奇蹟のコラボレーションである。
行き先が一緒でも、感受性が全く違うので中身は似ても似つかないという結果になりました。まあ、当然ですね。
一応、そっちも見てやって下さい。
  クリック背負子マウンテン

とりあえず、滝山城のことを知らない人がいたらいけないので、プチ解説。
っつか、関東戦国史ファンはたいがい知ってます。安房の人は余り知らないかも……いい機会だから、知っといて。
DSCF3993.jpg
滝山城はもともと大石氏の居城。
北条氏は有力豪族に婿養子として一族を送り込み、付家老も差し向けて、ゆくゆくはその家そのものを乗っ取るという策謀を多々みせます。大石氏もそうやって城を取られました。
永禄12年、武田信玄が滝山城に攻め寄せた。氏照は必死で防戦するが、あと一息で陥落するという瀬戸際まで追い詰められた。結果的に信玄は小田原包囲の寄り道だからと、滝山城を捨て置いた。
この城では信玄に勝てないと確信した氏照は、滝山城を廃してあらたに八王子城を建造したという。
DSCF3977.jpg
当時は多摩川がもっと城に寄って、天然の濠だったことでしょう。DSCF3987.jpg     城からは多摩川北岸が一望できる。

DSCF4051.jpg 
武田信玄は多摩川対岸の大日の森と呼ばれるところに本陣を構えた。日吉神社や拝島大師も一体と考えていいと思われる寺領に、およそ30,000の軍勢が収容されたらしい。拝島大師からみると、滝山城はよく見える。DSCF4036.jpg

現在の中央自動車道八王子IC付近に武田勝頼も本陣を構えた。
これで滝山城の東を固めたのだとされる。
が、これだけで留まらなかった。
当時まだ開発道路ではなかった小仏峠から、小山田信茂の別働隊が奇襲を仕掛けたのだという。このとき高尾近くで合戦があった。P4210203.jpg
この信玄襲来で滝山城は放棄されることとなり、八王子城が完成するのである。

この頃は、反北条という共通の敵がいたことから、里見家と信玄の間には「房甲同盟」が成立していたものと想像する。

まだまだ、この戦闘については、八王子市に問い合わせる必要があるくらい、理解をしていません。
学ばねば!










雑誌「歴史人」のweb版でこんな企画しています。
歴史人公認ブログ隊募集中! http://www.rekishijin.jp/rekishijin-offcial-blog/  
ワシは連載と自分のblogで手一杯だ。
誰か、里見の伝道師となって世に布教してください。about_rekishijin.jpg


<戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2015/05/05(火) 21:29:33|
  2. 随筆・あっそう!里見発見伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<腰痛天国 | ホーム | 房総武田氏考>>

コメント

ドキドキしながら書き込みしてます!

只今、私初体験中(笑)
こうやってコメントするの初めてなんですよ(o≧▽゚)o

一種の告白みたいで照れますが…
夢酔藤山さんの言葉の選び方好きだなって思いました。

素直な言葉って印象でストレートに言葉が溶けこんで来るというか☆
単純にすごいなとも思いました((@^ェ^@))

私…もうずっと良い事なくて。。
自暴自棄までは行ってないんですけどほぼ近い状態で(汗)

だから思い切って連絡しましたヽ(*’∀’*)/
迷惑であればコメント即消してくださいね。

緊張しながらも楽しみに夢酔藤山さんからの連絡待ってます(o^∇^o)
  1. 2015/05/05(火) 21:49:52 |
  2. URL |
  3. copine #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://musuitouzan.blog.fc2.com/tb.php/204-b28200be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)