散文小径

小説家です。時代小説を執筆しています。皆さまのご声援に支えられて描いております。よろしくお願いします。

房総武田氏考

29日。
夢酔は朝っぱらから甲斐国にいました。次回作準備の現地検証と取材のためです。
武田家滅亡という、日本史上稀なる大事件については、結果と定説が長年根を張って、なかなか見えてこない行間の歴史があります。
例えば、彼。DSCF3919.jpg一条右衛門大夫信龍です。
彼は、ここ上野城で富士川沿いに攻めてきた徳川勢と一戦に及んだことになっております。しかし、上野城のことは委細が解りません。それで、朝っぱらから来てみました。当時もっと寄っていただろう笛吹川を天然の濠とした、高地の陣所として、成る程よろしい立地と感じました。なにより市川大門方面の富士川を見下ろすことが出来、攻め上る徳川の大軍を睨む一条信龍の心中如何ばかりかと、思わずにはいられません。
現在、城趾には神社があります。團十郎ゆかりということで歌舞伎の施設もありますが、そこいらも縄張に含まれていたことでしょう。
DSCF3930.jpg                     おまつり準備していました。
DSCF3924.jpg
一条信龍は信玄の異母弟。
仁科盛信が唯一の武田親族で戦った者として賛美されるに引替え、なぜ彼のことは広く伝わっていないのでしょうか。
ううむ。

本日のメインは、事前に訪問を打診しておきました入明寺。
ここは、夢酔が昭和時代に数ヶ月棲息した処の近くだったのです。すぐ数軒隣の銭湯に通っていましたし……なぜ、あの頃に来なかったのか、実に勿体ない
この日、法要が重なっていたにも関わらず、応対を賜りました入明寺さまに心より感謝申し上げます。

ここは信玄次男・龍宝ゆかりのお寺です。
夢酔はこの人物については些か勉強が浅く、この日は目の醒める御教示がたくさんあり得がたいところでした。先入観もあったのですが、浅学の先入観はやはり自己矛盾の原点。もう一度、考え直す機会だと考えました。
夢酔の準備作は、郡内小山田。
なぜ、甲府のここに……。
そう思うでしょう?
ここには、高遠~新府を経て、松姫一行が来ています。このときの引率は仁科盛信娘・督、武田勝頼娘・貞、小山田信茂養女・香具です。そして、逃避行ではなく避難という意味合いがまだ大きかったことでしょう。松姫がここに着いたとされるのは、天正10年2月4日。まだ武田勢は鳥井峠の戦いもしていません。滅亡の焦りはまだ誰も感じていなかったのではないでしょうか。
ここで龍宝は、開桃寺へ移るよう指図したといいます。翌日、松姫一行は開桃寺へ移り一週間ほど滞在して向嶽寺へ向かいます。
どうして龍宝は松姫を匿うことなく更に東へと指図したのでしょうね。
何か独自の情報でも持っていたのでしょうか。ここ、質問し忘れた
龍宝は信玄次男。
兄・義信が失脚すれば、時期当主に繰り上がるのは世の倣いでした。が、彼には病気により目が不自由だったという事情があったのです。古今東西、目が不自由でも大名が出来た例が稀にあります。しかし武田家はそれを選択せず、弟から次代を選びました。それが四男・勝頼です。
三男は夭折したというのが定説です。
入明寺さんでは、三男のことを夭折していないという説を持っておりました。
「房総に行かれたのです」
その言葉に、夢酔も、ピッカーと頭がひらめきました。
そうです。
連載作品「夏の波濤」読者なら覚えがあるでしょ?
庁南武田刑部大輔豊信
IMG_20150429_0001.jpg2014年9月28日号で登場したのが、彼です。
このことは、実は小山田情報館開設初日の講演会でもネタにしたので、覚えておられる方もいらっしゃるかと。
この説が共有されたことで、すっかり入明寺さんに打ち解けたと(勝手に)思っております。

講演会のときも明言しましたが、里見のことは不明点も多く、事蹟の点々を拾っても物語にすることが困難であるため、時代背景を解りやすくするための苦肉の策として、武田史を接着剤に盛り込む手法を夢酔は試みています。作品愛読者は南房総の方が殆どなので、武田のことは遠い国の出来事だから違和感を感じないだろうという狡さも秘めています。

龍宝は武田家滅亡期に、ここ入明寺で自刃しております。
今回、特別に御位牌と木像を拝観させて頂きました。お寺のお務めの合間に、まことに恐縮の限りです。写真撮影もお許し頂けましたが、肖像の一人歩きが恐いので、ここではアップしません。あくまでも取材資料として留め置きたいと思いますので、ご了承ください。
お線香までご用意頂きました。
墓参を許され、たいへん嬉しく思います。DSCF3944.jpgDSCF3946.jpg

こののち、夢酔は信玄堤~善光寺~東光寺と廻り、道の駅甲斐大和で昼食をとって帰路に着きました。


郡内取材はもう少し置いてからにしようと思います。
GWになると混みそうですので














雑誌「歴史人」のweb版でこんな企画しています。
歴史人公認ブログ隊募集中! http://www.rekishijin.jp/rekishijin-offcial-blog/  
ワシは連載と自分のblogで手一杯だ。
誰か、里見の伝道師となって世に布教してください。about_rekishijin.jpg


<戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2015/04/30(木) 06:41:13|
  2. おやま~小山田
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【北条五代】大河ドラマ化のライバル | ホーム | 里見家と郡内>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://musuitouzan.blog.fc2.com/tb.php/203-16684878
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)