散文小径

小説家です。時代小説を執筆しています。皆さまのご声援に支えられて描いております。よろしくお願いします。

【小田原征伐】上総召上のこと

本日の房州日日新聞紙面にて、里見氏上総召上の場面が描かれました。

これは八犬伝しか知らない戦国ファンでも、分かる史実ですよね?
これが、徳川関東移封の第一歩となるのです。

里見義康が上総を召上られた理由は、そこが係争の地で領有と見なされなかったという説があります。しかし、豊臣秀吉ほどの情報通が、実体を認識していない筈はありません。更に、小田原遅参の咎という説もあります。しかし義康より遅い到着の佐竹義重や結城氏朝などはお咎めなしです。伊達政宗すら半国召上の理不尽を被っておりません。
ここは、不思議な部分なのです。
夢酔は歴史研究家でも郷土史家でもありませんから、因果関係の縦糸横糸を熟知しておりません。ゆえに、感覚から入っていくので、不思議を殊更覚えてしまうのです。
里見家は豊臣政権下では、決して冷たい扱いではありません。羽柴姓まで賜っています。それなのに、小田原での冷遇。

夢酔は勝手に、ふたつの解釈で小説に臨みました。
ひとつは先述にある徳川対策。里見半国の上総国では納得させられないという、秀吉の私見が働いた説です。これで家康が移封に難色を示せば、北条攻めの大軍が徳川攻めに転じるし、家康が滅びれば里見に上総国を宛がう目論見があったのではという憶測です。結果的に家康は即断で移封に応じましたが……。
もうひとつは、咎ありです。遅参ではありません。無断な禁制も口実のひとつですが、当時の里見義康は関東足利公方家の再興を望んでいたと考えられます。小弓公方家ですね。第一次国府台合戦以来、里見家はずっと小弓公方家を庇護してきました。この再興を願うことは自然です。しかし関白豊臣秀吉の世に、関東公方など不用です。このことを秀吉が咎めたという筋書きを仮説に立てて、物語を進めました。とは申せ、里見家そのものに恨みがない秀吉は、のちに喜連川氏創設の考慮で報いていきます。

この小田原征伐で、里見氏は大きな試練に耐えていくのです。

2月からはじまった長編章「小田原へ吹く風」。
いよいよ佳境です!









雑誌「歴史人」のweb版でこんな企画しています。
歴史人公認ブログ隊募集中! http://www.rekishijin.jp/rekishijin-offcial-blog/  
ワシは連載と自分のblogで手一杯だ。
誰か、里見の伝道師となって世に布教してください。about_rekishijin.jpg


<戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2015/04/02(木) 21:50:47|
  2. 随筆・あっそう!里見発見伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<里見氏大河ドラマ化実行委員会HP | ホーム | 房総武田氏>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://musuitouzan.blog.fc2.com/tb.php/198-d1fdd4da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)