散文小径

小説家です。時代小説を執筆しています。皆さまのご声援に支えられて描いております。よろしくお願いします。

わたしの町の歴史探訪 第33回ー館山城下町ー

文字色とりあえず、高野山関連の前回blog、参考になりましたか。
今年は開闢1200年の高野山。
今はなき妙音院跡を散策するのもオツですよ。

さて。
表題の行事報告に入りましょう。

雨のなかですが、実施されました。
小雨決行とのことでしたが……小雨か?DSCF3687.jpg
岡田館長も、道路作業員のような全身オレンジのレインウエアーです。御苦労様です。

今回のコースは、次のとおり。
城山公園駐車場→枡形→仙台藩役所跡→食い違い道→長福寺→菱沼跡→本蓮寺→妙台寺→御霊山→宇和宿→鹿島堀→大膳屋敷跡→里見重臣屋敷伝承地→八賢臣の墓→城山公園駐車場
予定よりも少し違うのは、たぶん、天候のせいです。
詳しい報告は、本家本元の「生涯学習ブログたてやま発見伝」を御覧あれ。
当日もらったコース案内ですが、雨でデロデロ。
読めますか? → (表)(裏)
夢酔もダウンが雨を吸って……お、重い

最後の最後で、岡田館長の力説する「八賢臣の墓」。DSCF3707.jpgこれは年代も一致せず、本当は八つじゃないのに、いつのまにか八つになり、明らかに人形劇の影響ですが
「八犬士は実在しません」
です。
まだ信じている人は、そろそろ目を覚まそうな。

この行事が終わったのは、16時ちょっと前。
もうひとつのお目当てである
里見氏安房国替400年特別展第Ⅱ期
「里見氏の遺産―古文書―」

を拝観するため、博物館へ急ぐ!IMG_20150302_0004.jpg

雨のなかゆえに、ろくにスタッフへ挨拶も出来ず、御免なさい。
150301_155951.jpg   みんな、まだ間に合うぞ。

これだけ確たる存在の証があるというのに、なぜ、みんなは史実の里見に目を背ける?なぜ創作の八犬伝を信じてしまう?
夢酔はときどき各歴史雑誌に、特集要望をしていますが、
知りうる限りでは
「ただの一度も特集された試しがございません」よね?
頼むよ。
首都圏からこんなに近いのだから、いくらでも取材できますよ?


翌朝は、嘘のような快晴
館山城の城山へ向かったら、秋山県議とバッタリ。体操の会だそうです。どうりで早朝から駐車台数が多いと思いました。館山の皆さんは、とても元気ですね。肖りたいです。
この日は、三浦半島の建築物が視認できるほど空気が澄んでいて、雄大な富士山と、伊豆半島の稜線までクッキリ!
DSC00021.jpg
21世紀をして、こんなに視認できるのだから、戦国時代はもっと見えたのではないでしょうか。江戸湾を巡る攻防戦、水軍の質の高さが拝察できますね。

この日は月曜日。
行きたかったところが殆ど休館日です。

仕方がない。

延命寺に行きました。DSC00029.jpgDSC00028.jpgDSC00032.jpg
それと、長安寺。DSCF3713.jpgDSC00011.jpg

有意義だ。

安房国にくると、いつも心が豊かになります。

ありがとう。

食用菜花をたっぷり購入して、帰途につきます。こっちの販売価格の凡そ半値以下ですからね。安房の野菜は、夢酔一家の生命線です。もちろん、魚介類も大好きですよ。クジラも、です!
150302_092456.jpg


いつも愛用の東京湾フェリー。
この日は、揺れた!天気晴朗なれど浪高し、ですね。
眺望は最高でした。
伊豆大島から伊豆半島、富士山、三浦半島、アクアライン海ほたるまで、クッキリ。
DSCF3724.jpg   千葉県の陸地側から、三浦半島の様子がこんなに鮮明にみえるのです。DSCF3725.jpg      城ヶ島沖を航行するのは……自衛隊艦船かな?あの城ヶ島に北条の水軍拠点三崎城がありました。
DSC00045.jpg
里見や北条の水軍がみたであろう海上の景色を、快適に偲ぶことが出来る東京湾フェリーに、感謝です









追伸
雑誌「歴史人」のweb版でこんな企画しています。
歴史人公認ブログ隊募集中! http://www.rekishijin.jp/rekishijin-offcial-blog/  
ワシは連載と自分のblogで手一杯だ。
誰か、里見の伝道師となって世に布教してください。about_rekishijin.jpg


<戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2015/03/05(木) 06:21:19|
  2. 里見関連広告板
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【重要】里見の足跡、知っておこう | ホーム | 里見家と高野山>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://musuitouzan.blog.fc2.com/tb.php/182-f453cee3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)