散文小径

小説家です。時代小説を執筆しています。皆さまのご声援に支えられて描いております。よろしくお願いします。

全国里見一族交流会2014年会報

丁度、一週間前。
夢酔は長瀞の宝登山山中にいました。登山の真っ最中です。体力が落ちてきたので、まあ、修行ですね。
真っ最中、全国里見一族交流会事務局長から電話が入りました。
「会報、昨日お送りしました」
夢酔、到着を楽しみにしておりました。
そして、キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

今回の会報は、2014年記念号です。
製本にも力が入っているのが感じられました。事務局長の御苦労が察せられます。
なに、みせろって?
収支とかあるから部外者がオープンにするのも憚られるので、
表紙だけ。IMG_20150131_0001.jpg
内容(たぶん都合により厳選ページになると思うが)、里見氏大河ドラマ化実行委員会HPで掲載されたらいいなと希望しております。

今回、差し出がましいながらも、ちょこっとだけ夢酔も寄稿させて頂きました。

南総里見八犬伝という創作ファンタジーとは異なる、実在した里見氏やその系譜に連なる一族の子々孫々は、こうして現代に血脈をつないでおります。確かにその時代、里見氏は存在していたのです。八つの宝玉や妖術使いなどの存在しない現実を、もっと発見して欲しいなと思っております。
そろそろ各出版社で発行されている歴史雑誌も、長年の歴女向けで組んだ戦国特集にネタ尽きの焦りがございませんか?
ほら。
首都圏から、こんなにも近い素材が、しっかりとございますよ……

皆さんも、そろそろ里見氏の再評価をしてみましょうよ。
決して小田原北条氏の引立て役ではないと、きっと理解できますよ。









追伸
雑誌「歴史人」のweb版でこんな企画しています。
歴史人公認ブログ隊募集中! http://www.rekishijin.jp/rekishijin-offcial-blog/  
ワシは連載と自分のblogで手一杯だ。
誰か、里見の伝道師となって世に布教してください。about_rekishijin.jpg









<戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2015/01/31(土) 05:27:09|
  2. 里見関連広告板
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<二つのお知らせ | ホーム | 「信長の養女」という話>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://musuitouzan.blog.fc2.com/tb.php/176-cfed163f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)