散文小径

小説家です。時代小説を執筆しています。皆さまのご声援に支えられて描いております。よろしくお願いします。

「信長の養女」という話

今週からスタートした「夏の波濤」の新しい話です。
前話で里見義頼が病没し、いよいよ里見義康が一国の舵取りをしなければなりません。
時代は、小田原征伐を目前とする頃です。

このサブタイトルにある「信長の養女」とは、勿論、あの織田信長を指しています。
定説上、織田信長の認定されている子供は次のとおりです。
織田信忠(嫡男)
織田信雄(二男、北畠具房養子)
織田信孝(三男、神戸具盛養子)
羽柴秀勝(四男、羽柴秀吉養子)
織田勝長(五男)
織田信秀(六男)
織田信高(七男)
織田信吉(八男)
織田信貞(九男)
織田信好(十男)
織田長次(十一男)
織田信正(庶長子)
徳姫(見星院)(長女、松平信康妻)
冬姫(相応院)(二女、蒲生氏郷妻)
秀子(日栄)(三女、筒井定次妻)
永姫(玉泉院)(四女、前田利長妻)
報恩院(五女、丹羽長重妻)
三の丸殿(六女、豊臣秀吉側室・二条昭実妻)
於振(水野忠胤妻・佐治一成継室)
鶴姫(中川秀政妻)
源光院(万里小路充房妻)
月明院(徳大寺実久妻)
足利夫人(足利義昭側室か妾?)(信長の娘か正確なところは不明)
慈眼院(北条氏直婚約者?)

加えて養女は次のとおり。
遠山夫人(武田勝頼正室)
さごの方(二条昭実側室)
桂峯院(織田信広の娘・丹羽長秀妻)
斎藤夫人(斎藤道三の娘・畠山昭高室)

しかし、定説以外の伝承のなかで「実は信長の胤」と囁かれる例も多い。こういうことは、学者の先生が関心の持たない分野でもありますね。民間伝承や根拠なき口伝は、通説に値せず。それでも庶民が浪漫を楽しめるなら、これも一興と思うのが創作家の悪い癖。
本題に入ります。
今回、新登場の三人が「夏の波濤」の今後を盛り立ててくれます。
ひとりは徳川家康。小田原以降は関東移封に伴い里見家に大きく関わる人物です。
もうひとりは千利休。血脈上は里見氏と同族の新田源氏田中氏の末です。
そして、本命。風(ふう)という娘です。織田信長の口約束により、家康仲介にして秀吉公認で里見義康の正室にこののち迎えられる女性です。サブタイトルにある「信長の養女」とは、ずばり、彼女を指しています。
モノの伝えによると、里見義康正室は織田信長に連なる人物と囁かれておりました。ある種本では姪とし、ある説では養女といわれ、モノによれば娘とも云われています。
しかし、風(ふう)に該当する人物は、上記の子供たちに見られません。この子は野に置かれた、認知できない娘だったのではないでしょうか。ここで、どうせなら荒唐無稽に設定をしてみようと考えたわけです。
そもそも風(ふう)という名前の創作に意味があるのです。あっ創作ね、創作ですよ。野に置かれた子供という意味、信長の縁者として常軌を逸する風流者。なにより器の大きな人物として、あらゆる試練も風にそよぐが如く受け流す人物にと、ネーミングした次第です。そして系図の外に置かれて無理のない「辻褄合わせ」の設定も考えました。信長の三男・神戸信孝は賤ヶ岳合戦において柴田勝家に付き、敗戦により多くの眷属ともども絶えた。そのとき追求を逃れた子がいたら、年の頃にも無理がなくなります。じゃあ、信孝の子かって?いえいえ、信長寵愛の侍女を胤ごと下げ渡したとしたら……。
この出自の正体を知るのは、庇護者だった千利休のみ。
家康は恰好の娘を利休を介して知り、秀吉の計らいで「亡き織田信長」の養女に伯つけをしてもらった。
物語はやがて風(ふう)の正体を余人に知られることとなりますが、それはまだまだ先のお楽しみ。

こんな都合のいい話があるかって?
たかが小説の設定ですから、大目に見てください!

でも、こののちの天衣無縫な風(ふう)の活躍は、きっと爽快です。里見氏大河ドラマ化実行委員会の里見香華会長は、ぞっこん惚れ込んでいてくださり、恐縮なところで
「してやったり(キリッ!)」
です。
キャスティングイメージとかのネタ話もあるのですが、いろいろと各団体にご迷惑をかけてしまうので、親しき方とサシ呑みできたときだけ
「こそーり」
教えたげます。それ以外は、御免なさい。

とにかく「夏の波濤」はようやく巨大な歴史の渦の中に、里見家も参加していくことになります。
房州日日新聞をご愛読の方々は、これから目が離せなくなっていきますよ。









追伸
雑誌「歴史人」のweb版でこんな企画しています。
歴史人公認ブログ隊募集中! http://www.rekishijin.jp/rekishijin-offcial-blog/  
ワシは連載と自分のblogで手一杯だ。
誰か、里見の伝道師となって世に布教してください。about_rekishijin.jpg









<戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2015/01/23(金) 22:26:16|
  2. 随筆・あっそう!里見発見伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<全国里見一族交流会2014年会報 | ホーム | 宗誾って、誰?>>

コメント

信長の娘

夢酔藤山様

こんばんは!
信長の娘って大勢いますよね。
特に姪とかを養女分にして有力武将に嫁がせてる!
この中で私が一番気になってるのは、遠山夫人(武田勝頼正室)
です。当時信長は、信玄にすごく気を遣っていて進物(贈り物)を年に何回もしてるんですね。
しかも当時最高勢力を誇る名門です。そんな武田家に送るとなれば才色兼備なできる女性でなければいけません!!
だって当時の嫁入りって外交官ですもの。
彼女が出産が原因で早世しなければ、武田家滅亡劇がもう少し違う形になったかもしれないと思います。
風さんですか。あ、風姫ですね。名は体を表す感じでいいですね♪
しかし信長って一番お気に入りの側室が産んだ子に奇妙丸だの五徳(徳姫の事 台所用品の名前)だの付ける方ですから、養父に名付けてもらった方がいいかもしれません(笑)
  1. 2015/01/29(木) 03:03:53 |
  2. URL |
  3. 雪月花桜 #-
  4. [ 編集 ]

Re: 信長の娘

雪月花桜さま

いつもありがとうございます。
信長の子供たちって、父親に比べると凡庸に映ります。風には、その凡庸さがない存在として、作品設定させて頂きました。ゆえに今後の傾きぶりも見物になると思います。
  1. 2015/01/31(土) 04:54:27 |
  2. URL |
  3. 夢酔藤山 #Gq//HHxQ
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://musuitouzan.blog.fc2.com/tb.php/175-e3fc5ff7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)