散文小径

小説家です。時代小説を執筆しています。皆さまのご声援に支えられて描いております。よろしくお願いします。

AD2014回顧 そしてAD2015の志

ようやく屠蘇が抜けて正気を取り戻しました。。。

2015年を歩み出す前に、夢酔にとっての里見関連AFTER2014をふり返ってみます。
ああ、あったあったと、思わず笑っちゃうものもあるかも知れません。
関係者は必見ですよ。
温かく傍観してくださる皆さまにとっては、物書きって大変だなと、お笑いください。
笑う門には福来たる。
笑ってはじめよう2015年。

ちょっと待って、お冷やをもう一杯……ああ、ども



2013.12.8  「岡本城と里見氏
2014.2.1-2.2  「現地取材」
2014.2.6-2.24  「「春の国」夢酔藤山作 原画展
2014.3.9  「里見正史コンサート
            ※このとき山鹿先生と、房日新聞側に連載のお願いをしました。

【今年は荒天で、岡本城ハイクや、里見氏国替400年記念事業の山岡鉄舟研究講演会などが中止!夢酔も足を運ぶ段取りでした。岡本城ハイクは後日行われましたが、鉄舟会は未定ですね】
2014.3.25  「里見氏大河ドラマ化実行委員会HPでweb小説連載開始
2014.6.7  「里見武将国府台戦後450年供養祭※のちの〈はやぶさ衆〉鮮烈な演武!
2014.7.14  「連載事前打ち合わせ&現地取材」
2014.9.6-9.7  「倉吉せきがね里見まつり※連載決定のおかげで初の倉吉取材
2014.9.10~  「房州日日新聞に夏の波濤連載開始」
2014.9.13-9.15  「現地取材」
2014.10.5  「「宝林寺開闢450年祭」 ともし火を未来へ
2014.10.18  「里見氏安房国替400年の供養祭(供養及び演舞の奉納)
         「第33回 南総里見まつり
2014.10.19  「富浦地区生涯学習推進員企画講座  岡本城と里見氏ハイキング
2014.10.30-11.1  「高野に眠る里見氏供養と大僧正金剛宥性の足跡を訪ねる
              ※連載決定のおかげで初の高野山取材
2014.12.287-12.28  「暮れのご挨拶と取材


ひとつの小説を書き上げるための調査は、この程度のことでは不十分。もっともっと足を使わなければダメなんでしょうね。反省です。出不精な部分は、たくさんの先生方のご指導で補いましたが、浅学は隠せません。

2015年。
夢酔、もうすこし頑張らないとダメだな。
慣れは一切の身にならず。志をあらたに、2015年のスタートをしたいと思います。



それから。
里見だけではなく、2015年は更なる挑戦をする予定です。

準備稿の調整をしている新作の仮題は「光と闇の跫(あしおと)」。主家背信の汚名の裏にある小山田信茂の苦悩を描く作品で、こちらは2014年夏前から、小山田家の御子孫と色々確認をしながらプロットを作ってきました。いよいよ準備稿の着手です。
出来るものなら、勝頼を裏切ったという悪しき評価を払拭できるような、そんな作品になればいいです。

もうひとつ。秋川流域折込紙に、年4回シリーズで、千人同心のコラムをと考えております。ゆくゆくは小説もやりたいです。まだ、千人同心の主題作品は希有ですよね。

上記武田関連も、下記千人同心も、実は積願の素材です。物書きを目指したのも、武田ものをやりたいという想いからでした。もう20年になるんですよね。
やっと縁が巡ってきたと、武者震いしております。

2015年、夢酔は初心に立ち返り、志を高く精進することをここに宣言します。



追伸
雑誌「歴史人」のweb版でこんな企画しています。
歴史人公認ブログ隊募集中! http://www.rekishijin.jp/rekishijin-offcial-blog/  
ワシは連載と自分のblogで手一杯だ。
誰か、里見の伝道師となって世に布教してください。about_rekishijin.jpg









<戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2015/01/02(金) 14:35:19|
  2. 随筆・あっそう!里見発見伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<新春告知 | ホーム | 謹賀新年2015>>

コメント

No title

こんばんは。歴史人HPにてブログを書かせていただいております、いずなと申します。
個人ブログの方へコメントいただきまして、誠にありがとうございました。
長い間放置してしまいまして、こんなに時間が経ってしまい大変申し訳ございませんでした。
今の所知識はないに等しいですが、今後里見氏についても勉強してゆけたらと思っております。
小山田信茂のお話もとても楽しみにしております。
歴史初心者ですが、どうぞよろしくお願いいたします。
それでは、失礼いたします。
  1. 2015/01/05(月) 02:01:39 |
  2. URL |
  3. いずな #-
  4. [ 編集 ]

No title

いずなさん。
コメントありがとうございます。
「主に、戦国です」楽しく拝読しております。久留里城も土屋氏も、こののち登場しますので、お楽しみにしてください。
  1. 2015/01/05(月) 05:27:16 |
  2. URL |
  3. 夢酔藤山(むすいとうざん) #Gq//HHxQ
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://musuitouzan.blog.fc2.com/tb.php/171-d501d6e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)