散文小径

小説家です。時代小説を執筆しています。皆さまのご声援に支えられて描いております。よろしくお願いします。

【連載余話】難しい漢字と名前と

今回の【連載余話】に、ちょろちょろとお声をもらいます。
ありがたいことです。
コメントに書いて頂けないのが、ちょっと悲しいのですが、そっと耳打ちしてもらえるだけでも、一応読んでもらえているんだなぁって……駄文ですみませんね

さて、連載本編の題材として、義頼・義康・忠義三代を取り上げた理由を、よく聞かれます。
簡単です。
信長・秀吉・家康の時代に合わせたのです。
八犬伝こそ有名な里見も、正史では世間的に無名。
地方で小さく活躍する部分を強調するよりは、歴史好きの基準になっている天下人を軸にした方が理解してもらい易いと考えたのです。無論、地方の土台部分は大事です。それをなくしてしまったら、里見のいいところが無くなってしまいます。でも、どうやったら、少しずつ理解して頂けるか。苦肉の策だったのです。
前回も書きましたが、信長の登場はリップサービスであると同時に
「ああ、この時代か」
という補正の意味もありました。
作中ではこれから、中央からの干渉が加わりますが、それも時代を認識してもらうための補正手段。
秀吉が〈羽柴〉の間はいい顔をして里見に近付いてくるし、〈豊臣〉になると生殺与奪の厳しさを増す。
こういう時代なのかという物差しとして、天下人たちの時代をチョイスして作品にしたのです。

久留里の方々は
「もっと義堯を取り上げて!」
という声を寄せてくださいます。残念ながら義堯は本編冒頭で里見の棟梁である義頼からみて先々代の里見当主。登場は出来ません。代わりに、その頃の威徳をクローズアップするため、日我が登場したり、久留里城も登場します。
小説ではなく、これがドラマだったりしたら、物事のイメージなどで義堯を用いることが可能でしょうが、散文ではなかなかサービスできません。
大河ドラマで取り上げられたなら、1シーン出演で、義堯を出せます。
夢酔、高倉健さんに演じて欲しかった……恐らく大河に出たことのない大物俳優ですよね。好きな俳優だったのに……また昭和が終わっちゃった。あらためましてご冥福をお祈り申し上げます。
久留里の皆さん、これから城は登場しますので、ご勘弁下さい。

夢酔作品の難点は、漢字です。
とにかく漢字が多いという御指摘が多いので、苦慮してございます。連載作品ではルビを振ると御高齢の方が読み辛いと思い、( )書きで対処しています。ところが、これにも弊害があるのです。
例えば……数日後に、こんな台詞が登場します。
「神戸侍従(織田信孝)殿は弾正様の御三男、賤ヶ岳で柴田修理に附いた咎で自害されました。その母と妻子も関白により処断されましたが、幼い娘だけ残されています」第四話 館山改築(17)
これのルビ対処が、こうなります。
「神戸侍従(かんべじじゅう)(織田信孝)殿は~」
わかり難い。
漢字が多すぎるから悪い、もっと柔らかくしろという御声を頂きます。でも、漢字って、読めずともそれだけで意味を持つ象形であることがあります。文のバランスや、視覚効果を生むときもあるんです。他の歴史小説を描く先生方はそのあたりの表現方法を上手に処理されておりますが、夢酔はまだまだ未熟ということです。
でも、漢字って、難しいですよね。
いまの例で、お気付きでしょう?神戸を〈かんべ〉と読みます。一般的には〈こうべ〉といきたいところです。
日本語の、殊に漢字の奥深いところです。同じ漢字で異なる読み方。外国からいらした方が
「日本語わかりませ~ん
といいたくなる訳です。
いきなりネタにされてしまって、あとで怒られそうですけど、挿絵をお願いしている山鹿先生からも、御指摘を頂戴したことがございます。
「ねえ、龍子の父親の名前が正木時茂とあって、あとの回で正木宗家になっていたわよ。間違っていないかしら。〈ときしげ〉なの、〈むねいえ〉なの?」
「えっ、ああ、これ、正木宗家(そうけ)です。宗家分家の、宗家」
「ああ、そうか」
同じ漢字で、読み方も意味も変わってしまう。ああ、恐ろしき日本語の罠。そうか、ルビがないとそう読めるかと、反省したところでいかんともし難し。山鹿先生、ネタにしちゃって御免なさい。

とまれ夢酔の今回の作品。
「あいつは物を知らない。俺の方がよく知っている。勉強不足だ、教えてやる」
風な電話も多いことと拝察します。房州日日新聞社にはご迷惑をお掛けしていることと、ただただ恐縮しまくりです。
きっと、申される方は、本当にその事蹟をよく識っているのでしょう。夢酔の浅学が足下にも及ばないことは承知しております。しかし物書きは須く学識者ではございません。そのことだけの論文を記しているのではなく、あらゆる個々のエピソードを創作という接着剤でつないで一条の物語へと折り込むことを目的としてございます。そのときの触りが後々の伏線になることを意図することもございます。
どうか
「たかが三文小説よ」
と笑っていただけると幸いです。でも、御指摘されるということは、きっとよく読んで下されている証拠ですよね?夢酔は持ち前の図々しさを発揮して、いいように解釈しようと努めております。御容赦下さい。

話を変えます。
里見のこと以外ですが、申し上げます。

11月22日(土)夜、緊急地震速報で驚きました。
東京は無関係でしたが、長野県北アルプス方面が大変なことになっておりました。年の瀬も迫る御時世で、避難を強いられる方も多いと思われます。御見舞申し上げます。
夢酔、5年くらい前に日本赤十字の看護婦を主人公とした小説を書いておりました。丁度、前回の里見氏作品「春の國」と同時期連載していたのです。そのとき、日赤長野支部にも取材に伺いました。雪の中でしたが、職員の方から親切に対応を頂いたことを覚えております。そのときは、山古志村の被災活動が大変だったお話しを伺った気がします。
今回は、それ以来のことかも知れません。
今年は既に御嶽山の噴火もあり、長野県は多難なことが多すぎました。
何かお役に立てることが、あるかも知れない。そう思っています。
そのときの取材をもとにした作品は、現在重版になっております。有難いことです。「夏の波濤」同様、全国を取材しましたが、唯一、国内の取材が出来なかった場所がありました。そこは三陸地方でした。その後、東日本大震災で大きな被害を被った場所です。あのとき取材をしなかったがため、当時までに残されていた何かが損なわれてしまったとしたら……後悔が残りました。
今年、「夏の波濤」の肉付けのために、鳥取や高野山にまで足を伸ばしたのは、そのときの後悔があったからです。
チャンスはそのときだけ。
一期を生かさぬと、後悔しか残らない。自戒で学んだことでした。
機会がございましたら、一度手に取ってください。里見とは全く違うタッチで描く、作者初の近代小説です。
seijyoP.jpg 聖女の道標ご注文はこちらへ
当時のあとがきには、こう書いてありました。141124_143215.jpg
おかげさまで、次回作を皆さまにお届けできる幸せを深く噛み締めております。



追伸
blogの手際が下手な夢酔。書き始めが朝の6時だったのに、用件が横から十字砲火で、気がついたらもう15時前になってしまいました。上手なブロガーさんに肖りたいです。







追伸
雑誌「歴史人」のweb版でこんな企画しています。
歴史人公認ブログ隊募集中! http://www.rekishijin.jp/rekishijin-offcial-blog/  
ワシは連載と自分のblogで手一杯だ。
誰か、里見の伝道師となって世に布教してください。about_rekishijin.jpg









2014年、里見メモリアルイヤー。
ゆく年 くる年 豊穣の一年に 感謝  




戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2014/11/24(月) 14:39:56|
  2. 随筆・あっそう!里見発見伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【連載余話】時には大胆な爆弾を | ホーム | 【連載余話】天正10年私論>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://musuitouzan.blog.fc2.com/tb.php/158-390ce3f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)