散文小径

小説家です。時代小説を執筆しています。皆さまのご声援に支えられて描いております。よろしくお願いします。

高野山2014

ただいまです。今日、帰ってきました。

今回の高野山~京都の流れは、館山市文化財保護協会の主催(共催:房総里見会)で行われました。
ちなみにお題は、「高野に眠る里見氏供養と大僧正金剛宥性の足跡を訪ねる」というものです。
この日程は、10月30日~11月1日なので、厳密にいえば、昨日終わっています。しかし夢酔は館山でバスを降りてから、その足で帰る元気が残されていませんでしたので、駅前のビジネスホテルのお世話になりました。

今回の旅は、里見氏の節目たる2014年に相応しい、歴史的にも重大な出来事だったと思います。

とりあえず自宅に帰ってきて、寝る前につぶやくことなので、メインディッシュは後日ということで勘弁してください。
疲労がピークに達しております。

思い起こせば、10月30日午前1時過ぎ。
夢酔は5時発のツアーバスに乗るため、自宅を出ました。眠いですが、バスに乗るためなら、エンヤコーラ。
DSCF2739.jpg
なんということでしょう。午前3時前の海ほたるからは、スカイツリーが見えてしまうのです。

かくして館山市役所4号館より、5時にバスは発車しました。
とりあえず夢酔の意識は半分失われておりました。
このあたりはblogで笑いを求めるのも切ないので、省略しておきます。

んじゃ、次回から本腰入れて報告を書きますので、待っててください。

とりあえず、寝かせてください……
スポンサーサイト
  1. 2014/11/02(日) 23:38:49|
  2. 随筆・あっそう!里見発見伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<高野山2014② | ホーム | 10月最後の里見イベント>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://musuitouzan.blog.fc2.com/tb.php/150-a0e5ef94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)