散文小径

小説家です。時代小説を執筆しています。皆さまのご声援に支えられて描いております。よろしくお願いします。

「宝林寺開闢450年祭」 ともし火を未来へ

台風、西日本で大変ですね。
東日本も、明日には影響があるのでしょうか。

さて。
題記の催しが、市原市の養老渓谷にあります曹洞宗宝林寺で催されました。DSCF2655.jpg
DSCF2656.jpg

里見義堯の長女”種姫”は小田喜(大多喜)城主・正木大膳亮時茂の嫡子・大太郎信茂に嫁した。正木大太郎信茂は永禄7年(1564)第二次国府台戦で北条氏に敗れ戦死。このとき信茂25才、種姫22才の若さであった。
翌年種姫はこの地に宝林寺を開基して夫の冥福を祈ったと伝えられている。
この種姫こそ、のちの南総里見八犬伝の”伏姫”のモデルになった人といわれる。

2014年6月7日(土)。
国府台で供養祭を行ったことを、このblogで紹介しました。覚えていますか?
【忘れた人はクリックして思い出せ!】里見武将国府台戦後450年供養祭

今日のことは、その供養祭につづくもの。
2014年が里見家にとってメモリアルイヤーとされるとおり、この供養祭も節目のひとつとして、大事なものなのです。IMG.jpg

今日は雨のなかでの開催。
そういえば、国府台も雨でした。DSCF2666.jpg
DSCF2676.jpg

この日は、作家の遠山あき先生も来賓としていらっしゃいました。
以前、お手紙を送らせていただいたこともある、御歳90歳を越えられて、まだまだ現役という、凄い方です。こういう大先生の前では、夢酔もひよっこ以下になってしまいます。DSCF2661.jpg          御一緒させていただき光栄です

台風の余波で、途中退席させていただきましたが、きっと最後まで立派な供養祭だったと思います。
ご住職をはじめ御檀家の皆さま。たいへんお疲れ様でした。








2014年、里見メモリアルイヤー。
盛り上がりの、ご開帳です。




戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2014/10/05(日) 21:52:36|
  2. 里見関連広告板
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<10月の里見イベント | ホーム | 書籍紹介>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://musuitouzan.blog.fc2.com/tb.php/143-bbdca29c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)