散文小径

小説家です。時代小説を執筆しています。皆さまのご声援に支えられて描いております。よろしくお願いします。

書籍紹介

里見氏が滅亡した状況がよくわかる書籍があります。


t_satomitadayoshi.jpg


平成20年の刊行です。
勉強になります。
スポンサーサイト
  1. 2014/09/29(月) 20:33:28|
  2. 里見関連広告板
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「宝林寺開闢450年祭」 ともし火を未来へ | ホーム | アフター倉吉紀行>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://musuitouzan.blog.fc2.com/tb.php/142-c0268d37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)