散文小径

小説家です。時代小説を執筆しています。皆さまのご声援に支えられて描いております。よろしくお願いします。

板鼻散歩

 上州板鼻を歩きました。
 里見義康の弟で、関ヶ原の戦功により独立大名となった、里見讃岐守忠重の領地でした。
 板鼻の地は、少林山達磨寺より川を挟んで西側。一社八幡宮の大鳥居よりちょっと西です。碓氷川が流れており、きっと昔は、水利もよかったのでしょう。
P4070099.jpg

 里見忠重がこの地を拝領する以前、ここは戦国の支城が置かれた地でした。
 板鼻の西、碓氷川に面した急峻な丘陵に設けられた鷹ノ巣山城は、かつては箕輪城の長野業政を支える城でした。敵は、武田信玄です。やがて長野業政が没し箕輪城が陥落すると、この鷹ノ巣城も武田の支城に様変わりします。西上野の武田家臣団に、安中氏の名を見つけることが出来ます。
 武田家は天正10年に滅び、西上野は滝川氏・北条氏・徳川氏と、その支配者を急速に変えていきます。板鼻を直接支配した里見忠重の時代は、10年と満たない一瞬の出来事でした。それゆえ、多くの事蹟が残されておりません。
 長傳寺というお寺がございます。
 里見忠重に関する文書が残されておりますが、直接資料は、たぶんこれくらいなのでしょうね。
 
 鷹ノ巣山城。
 安中市の東端、関東平野を望む比高25mの丘陵末端にあるとされますが、現地の様子は、今回、夢酔も確認しておりません。
 城の東側には小丸田出城があったようで、この小丸田出城に里見忠重が陣屋を構えたとされます。現在そこは、安中市老人福祉センターになっているそうです。

 夢酔は後世に伝わる里見忠重の酷評が、勝者の歴史に埋められた弱者のマイナス面という考えを傾けています。これは、里見家すべてにも共通する考えと思います。
 今回、新作のなかで、もう少し忠重を見直したいと苦悶しております。
 想像に頼るのが、辛いです……!



                  ◆    ◆    ◆



 お知らせです。

 里見氏城跡(稲村城跡・岡本城跡)国史跡指定記念 ―シンポジウム「関東戦国史のなかの里見氏」と祝賀のつどい―

 先にお知らせしましたこのシンポジウム。
 いよいよ今週末です。
 これを機に、知らなかった戦国史を〈識って〉いただきますれば、これ幸いにて候。



開催日  平成24年4月14日(土)
会 場  たてやま夕日海岸ホテル
開場時間 12時30分
開会時間 13時00分~
次 第  国史跡・里見氏城跡(稲村城跡・岡本城跡)の紹介
           〈映像と解説〉……遠山成一(千葉城郭研究会)
      講演 ……峰岸純夫(東京都立大学名誉教授)
           佐藤博信(千葉大名誉教授)
           滝川恒昭(千葉城郭研究会)
      シンポジウム
         ……峰岸純夫(東京都立大学名誉教授)
           佐藤博信(千葉大名誉教授)
           黒田基樹(駿河台大学准教授)
           滝川恒昭(千葉城郭研究会)
           コーディネーター:岡田晃司
                    (館山市立博物館主任学芸員)

 催し(会場・カトレア)16時30分~
      劇団「貝の火」による人形劇
       『南総里見八犬伝』出演の人形操演

 祝賀のつどい
      開場 17時30分
      開宴 18時00分~20時30分

 参加費  シンポジウムと催し 無料
      祝賀のつどい    7,000円(記念誌含む)
      記念誌別途購入   1,500円

 翌4月15日無料バス見学会「国史跡めぐり」(稲村城跡・岡本城跡)   
      ※ ただし、遠方からの宿泊者対象



 以上、ざっと駆け足でご案内申し上げました。
 正直云って、全国の歴史イベントと見比べても、決して見劣りしない豪華なシンポジウムではあるまいかと、夢酔は思う次第です。
 皆さまのお越しを、待ってます。



                  ◆    ◆    ◆



戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「2014年に里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。





人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2012/04/09(月) 06:37:30|
  2. 随筆・あっそう!里見発見伝
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:1
<<里見氏城跡(稲村城跡・岡本城跡)国史跡指定記念―シンポジウム「関東戦国史のなかの里見氏」と祝賀のつどい― | ホーム | 里見関連広告板>>

コメント

本日、安中市より、板鼻について問い合わせしていた件のお返事を賜りました。
考えて……考え抜いて……忘れ去られた板鼻里見氏の再生を試みたいと思っています。
  1. 2012/04/19(木) 19:41:41 |
  2. URL |
  3. 夢酔藤山 #Gq//HHxQ
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://musuitouzan.blog.fc2.com/tb.php/14-7a859fe4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた.【板鼻散歩】

上州板鼻を歩きました。里見義康の弟で、関ヶ原の戦功により独立大名となった、里見讃岐守忠重の領地でした。板鼻の地は、少林山達磨寺より川を挟んで西側。一社八幡宮の大鳥居より...
  1. 2012/04/09(月) 06:56:36 |
  2. まとめwoネタ速suru